18.2.22. おつりに戸惑うヒト。

カメラやさんで、プリンターのインクを買った。

黄色単品で1,280円也。

普通に10,000円札と80円を出した。

 

瞬間的におつりは8,800円とわかるよね。普通はね。

なのにぃ、おつりが8,795円って、なに、それ?

せっかく小銭入れを軽くしようと思ったのにぃ、重くなるじゃない!!

 

かなりレジの兄さんが戸惑っている様子であるから、

「おつりは、8,800円でしょ?」

と言ってあげたが、「あ、ちょっと打ち間違えて…」 とレジ兄。

 

計算機を取り出して、計算する。

それでもわからないらしい。

今朝入ったばかりの新人さんには、とうてい見えぬが…。

 

どうにもラチがあかないらしく、

離れたところにいた上司を呼んで、レジを開けてもらった。

そしてやっとこさ、正しいお釣りをくれた。

 

これ、引き算をしようとするから、わからなくなるんだわ。

たとえば、3,864円なら、まず半端な数字の64円を出して、半端数を消す。

次に、1万円を出せば、10,000−3800で、6,200が瞬時に目に浮かぶ。

 

ものごとは単純にして考えれば、簡単なのだ。

10,000−3,864…と考えるから難しくなる。

学校の算数では、引き算ではなく、お金の “消し算” を教えればいいのに。

 

きなこは昔っからそういう払い方をしておる。

なぜなら、吾輩は「サイフ」というものを持ったことがないから。

常に小銭入れひとつをポケットに入れている。

 

スーパーと銀行とヨドバシのカードと、お札少々と小銭を入れる。

だから、パンパンにずっしり重くなると、

上衣やズボンのポケットが破れるのだ。

 

生まれてこの方、皆がお買い物に持って行くような、

いわゆる“サイフ”というものを持ったことがない。

小銭入れだけで60数年生きてきたから、これで大丈夫!

 

サイフも計算機も、時計もスマホもいらない!

物事を単純化して考えれば、

複雑な思考と余分な重たいものは要らないのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です