18.1.26. ウレシイ大雪。

月曜の大雪からずっと寒い。今日も寒い。

なんでも、東京地方は53年ぶりの記録的な寒さだそうだ。

ん〜、あの時は…と、思い出そうとしても思い出せない。

 

そりゃそうだワ。

53年前は、きなこは東京人ではなかった。

関西人だった…かな?  どこ人だったかな?

 

思い出せる東京の一番の大雪は、

ひざ上まで積もっていた雪を、ズボッ、ズボッと一歩ずつ踏みしめ、

時々吹雪いてホワイトアウトになる中、駅から1時間くらいかけて帰った年。

 

1994年だったかな。

あの時はまだバス路線もなかったから、大変だった。

バスが通る今は、凍える停留所でいつ来るかとバスを50分も待つ。

 

どっちもどっち。

最初っから歩くしかないと、

覚悟を決めて歩いた方がまだマシだね。

 

その24年前は、団地の前に高く積もった雪を

工事用のスコップとちりとりでかき分けてた。

車が通る所まで15mほどを一人で雪かきした。

 

4年前の大雪も、1階に住む者の宿命として、

朝出かける前に、せっせせっせと雪かきをした。10mくらい。

で、今回は、雪かき用のプラスチックの軽いスコップを買っておいた。

 

…準備万端ではあったが、進んだ距離は5mほど。年々短縮だ。

もういいよね。はっきり言って年寄りの部類に入ってんだから。

きなこが、2号棟の最高齢者なのでアルよ。

 

そう思って、後はほっといたら、夜帰った時に、

きなこの棟だけ、やけに立派な幅広の道ができてた。

あ、誰かがやってくれたんだ!

 

ありがたい。ありがたい。

今の居住者は皆静かだし、

いい人ばっかだね。これがずっと続いてくれると嬉しい。_

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です