今、ロウバイがひっそり咲いている。
本人(花)は、特にひっそり咲いているつもりはないんだろうが、
木の数が少ない上に、花の色が淡い黄色なので、そんなに目立たない。

人だかりのしている木を探すのが手っ取り早い。
サービスセンター付近に一本と、
新宿門を入ってすぐのところに3本ほどある。

蝋細工のような花。
触るとパリンと割れそうだが、おっと、触っちゃいけない。
昨日降った雨の雫が垂れかかって、何とも趣がある。

【ソシンロウバイ(素心蝋梅) Chimonanthus praecox f.concolor】
中国原産の落葉低木のロウバイの園芸品種です。
花の中心部分まで黄色く、強い芳香があるのが特徴です。
〔ロウバイ科〕
花期:1月〜2月(説明看板より)

………
ところで、御苑の花ではないが、
入口脇のインフォメーションセンターで
今、「九十九島(くじゅうくしま)の会活動展」をやっている。

そこにしか自生していない「トビカズラ」という珍しい花のコーナーに、
不思議な形のものが置いてあった。茎の輪切りだという。
面白い形だ。見入っていたら、「おひとつどうぞ」と言われたので貰ってきた。

これが、小学校で習った、かの“維管束”というヤツかな?
金太郎飴みたいな、クッキーみたいな、寄木細工みたいな、自然の芸術品だ。
直径は2センチくらい。宝物にとっておこう。

180118_IMG_1885180118_IMG_1888180118_IMG_1902180118_IMG_1903