17.12.19. 御苑の花 58_スイセン(ペーパーホワイト、ニホンズイセン)

下の池の黄葉が終わりかけた11月終わり頃から、
池のほとりにスイセンの一種「ペーパーホワイト」が
次々に咲き出した。

副花冠といわれる中央の花びらが黄色いニホンズイセンも咲く。
新宿門近くの植え込みの向こうには、たくさんの「ペーパーホワイト」が咲く。
花びらのまっ白さにおいては、「ペーパーホワイト」の方が勝っている。

小道を挟んだ向かいには、「ニホンズイセン」が固まって咲いている。
レストラン近くの梅の木に囲まれたところにも、スイセンがたくさん咲く。
秋にムラサキシキブの実を楽しんだあたりにも、「ペーパーホワイト」が植えられていた。

冬の、花の少ない時期にも、いろんな場所で花が楽しめる御苑である。

【スイセン“ペーパー・ホワイト ”Narcissus ‘Paper White’】
地中海原産の球根植物で、房咲きスイセンの仲間です。
花は冬から春にかけて咲き、芳香があり、切り花にも用いられます。
〔ヒガンバナ科〕
花期:12月上旬〜2月上旬

【ニホンズイセン ”Narcissus tazetta var. chinensis】
地中海原産の多年草で、古くペルシアからシルクロードを通って、中国から渡来したといわれています。
フサザキスイセンの仲間で、全国の海岸に群生しています。
花は冬から春にかけて咲き、芳香があります。
〔ヒガンバナ科〕
花期:12月上旬〜2月上旬 (説明看板より)

(写真は11/29・12/19)

171129_IMG_1506171129_IMG_1508171219_IMG_1685171219_IMG_1687

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です