17.11.30. わかる気がする。

ここんとこずっと、
横綱の暴力問題でテレビが騒がしかった。
どうやら〝引退〟ということで、とりあえず区切りがついたみたいだ。

「礼儀、礼節」という言葉を横綱は繰り返した。
その言葉の意味するところはよくワカランが、
人の話の最中に相手がスマホをいじった、と言われると、非常によくわかる。

きなこも以前、30年ぶりくらいに会った遠くの友人が、
その間、ず〜っと携帯をいじっていたことがあった。
まだ、スマホではなく携帯メールの時代だった。

「やあ〜久しぶり!!」と会った直後から、二人で話をしているのに、
遠方のダンナと、晩ゴハンはどうしたこうした、明日の朝ゴハンは何にして、
息子に牛乳買っといて、だの何だの…メールや携帯電話でず〜っとやりとりしていた。

ま、家族仲がいいことは、素晴らしいことであるよ!(若干ヘン?)
でも何十年かぶりで会った目の前の人間との話を差し置いて、やることか?!
食事中も、乗り物に乗っていても、話をしているのに全く無視されている気分だった。

暴力は絶対にいけないが、
目の前の人間を無視するのも、イカンよ。
それ以降、もうその彼女とは、会うのはよそうと思った次第。

17.11.22. 御苑の花(木) 56_タムケヤマ

寒い。気温11℃。
でも、御苑に行った。
紅葉を見に、結構な人が来ている。

下の池の近くでひときわ目立つのがタムケヤマだ。
中の池のほとりにも1本、紅く色づいている。
千駄ヶ谷休憩所のそばにも1本。

他にも、温室の方へ向かう途中にもある。
細長い切れ込みのある葉っぱが特徴。
くねくねした枝ぶりも見事。

下の池付近では、真っ白いスイセンが咲き始めた。
冬が近い。

【カエデ“手向山(タムケヤマ)” Acer palmatum var.matsumurae cv.Ornatum】
ヤマモミジ系“紅枝垂”の代表的な園芸品種で、葉に細かい切れ込みがあるのが特徴です。新芽は紅色、開ききると紫紅色、夏は赤みがかった緑色に変化します。
〔カエデ科〕
紅葉期:11月下旬〜12月上旬(説明看板より)

171122_IMG_1450171122_IMG_1466171122_IMG_1452171122_IMG_1427

17.11.20. だるまさんが転んだ。

日曜夕方、友人と飲みの約束をしていたので、
最寄りの駅まで行った。
ちょうどいい頃に着くと思って、ホームで電車を待っていた。

表示盤を見ると、すぐに電車が来てジャストの時間に橋本に着く。
よっしゃ!と思って、後ろの方に歩き、10秒後くらいに振り返ったら、
「電車は5分遅れです」と表示が出た。

「5分遅れか…」と思ったが、さらに後ろの方に行き、また止まって振り返ったら、今度は
「電車は3分遅れです」と表示が変わっている。
あれ?と思い、また10秒ほど歩いて振り返ったら、「電車は4分遅れです」

これじゃぁ、まるで「だるまさんが転んだ」ではないか。
いや、悪くはないよ。なんか遊ばれてるみたいだけど。
で、また振り返ったら「電車は2分遅れです」

面白いと言えば面白い。と、この遊びに興じた時電車が来た。
で、結局橋本駅に着いた時には
「電車は3分遅れました。申し訳ありません」のアナウンス。

先日、とある線で、20秒早く発車してお詫びした事がニュースになったがそのせいか。
でも、そんなに細かくお詫びせんでもいいんじゃない?
5分遅れだ、3分遅れだ、4分遅れだ…って。

「電車はめったに時刻表通りには来ません」って、ひと言注釈いれとけばいいんだよ。

17.11.15. 御苑の花 55_マムシグサの実。

御苑「菊花展」は、今日が最終日。
今日の菊はどれも満開で、とても綺麗。
大作り花壇の菊も、2週間前より花が大きくなって、見事だ。

なのに、もう終わりというのは、ちょっともったいない気がする。

その菊花展の「伊勢菊・丁子菊・嵯峨菊花壇」の近くの
藪の中に、妙に目立つ真っ赤なツブ状の実がある。
そばに名札らしきものが立ててあったが、よく見えない。

デジカメで撮って、帰ってから見ようと思ったが、
やはり名前の部分はよく見えなかった。
「草の実検索」でこれが、「マムシグサ」であることが判明。

初夏の頃に咲く花も、変わった形だ。その頃にまた花を探しに来よう。
シュウ酸カルシウム、サポニン、コニインが含まれる毒草。
サトイモ科テンナンショウ属の多年草。

171115_IMG_1340171115_IMG_1342171115_IMG_1384

17.11.13. 失礼3連発。

昨日、スーパーで買い物をして、
レジで精算した時のこと。

失礼な!…その1.
ビールを買う時は、自分でパネルの「20歳以上ですか?」の質問の
『はい』 にタッチしないといけない。
ところが、こちらがタッチする前に、
レジのニイちゃんがさっと、手を伸ばして勝手に押した。
(…ま、どっからどう見ても、きなこは20歳以上だからいいんだけどね。
ひと言、何か言いなさいよ!)

失礼な!…その2.
袋に5個入っている柿を、そのニイちゃんが4個も自分の足元に落とした。
ドカドカッと大きな音がして、かなりの衝撃。傷が付いたと思うが、
そのニイチャンは、平気な顔をして黙って袋に戻して、精算済みのカゴに入れた。
店員が失敗したら、「お取り替えしますから、少々お待ち下さい」、っちゅうダロが!
で、客のほうが、普通、「あ、その落ちたのでいいです。」ちゅう流れなんだよっ!!

失礼な!…その3.
この店は、レジ袋が有料である。
その2円の有料レジ袋を買ったら、
レジの片隅に押し込んだような、グッチャグチャのシワだらけのを出しおった。
おまけの袋じゃないよっ! たかが2円と言えど、金払ったんだよ!!
なのに、こんなグチャグチャの袋を売るなんて!!!!!

まあ、なんて失礼な店員(若い男)のいるスーパーでしょうねぇ。
ワタクシがイカったのは、以上の一連の流れが無言で行われたことです。

その店の名は「イトーヨーカドー」です。

17.11.11. 歌劇「エウゲニ・オネーギン」

久々に行ったNHK音楽祭。
11/9はチャイコフスキーの歌劇「エウゲニ・オネーギン」だった。
(演奏会形式)

いや〜素晴らしかった。
急に思い立ったので、券は3Fの後方席。天井に手が届きそうな位の天井桟敷だ。
(…というか、お値段が高い、前の方の席は買えませんワイ。)

歌劇「エウゲニ・オネーギン」は、その中のポロネーズ、
ジャンジャカジャ〜ン、ジャンジャカジャ〜ン♪
という軽快な曲で有名である。

オペラというと、古代エジプトを舞台にしたヴェルディの壮大な「アイーダ」が有名。
それに比べると「エウゲニ・オネーギン」は、
ひとことで言うと「ロシアの片田舎で、恋愛をめぐって男二人が決闘した話。」

(ちなみに、この歌劇の原作者のプーシキンも最後は決闘で命を落とした。)

なんとも地味な題材だと思っていたが、
なんのなんの、素晴らしかった。
それぞれの歌手の声量と感情表現が圧倒的だ。素晴らしい!!!!!

ロシア語上演で、舞台の両脇に字幕スクリーンが出ていたのだが、
残念ながら、天井付近からでは、「見えん…。」
オペラグラスを持って来るんだったなぁ。。(あ?、持ってなかった。)

仕方ない。家へ帰ってから、内容を確認するか、と
プログラムを買ったが、「え〜、ないじゃん。。。」
「エウゲニ・オネーギン」の露和対訳は載ってなかった。

別の日の、ワーグナーの楽劇〈ワルキューレ〉や、
ブラームスのドイツ・レクイエムの独語の訳は載っていたのだが。
やっぱり、ロシア語の文字打ちは難しいのかなぁ。

ソチオリンピックをテレビで見て以来、
ロシア語をかじり始めたきなこであるが、
聞き取れたのは、сегодня(今日)、ただ一語であった。

う〜ん、3年かけてただ一語とは。
トホホ。
ただ、ロシア語のことばの響きがとても美しかった。

とにかくこの日の演奏は素晴らしく、
終わってからも拍手とブラボーが鳴り止まず、
スタンディングオベーションが10分くらい続いておりました。パチパチパチ。

17.11.7 コーヒー絶ちの一日。

弘法も筆の誤り、というか、
サルも木から落ちる、というか、
河童の川流れ、というか、
ブタもおだてりゃ木に登る…あ、これは違う。

とにかく昨日、コーヒーを淹れようとした時、
コーヒーメーカーのタンクに水を入れ、粉をセットし、
スイッチONにしたが、しばらくすると、バチバチという音。

あ、しまった…!!!!!
受けのガラス容器をセットしてなかった!!
熱いお湯のみがビシャビシャと上から落ちておる。。。

あわててタオルをかぶせて、お湯を拭いた。
イヤ、何十年もコーヒーを淹れ続けておるが、こんな失敗初めてだ。
後ろでコムギコちゃんが面白い作業をしていたので、
ついついそれに気を取られてしまった。イカン!

タンクのお湯は全部溢れて、
流し一面に湯気があがっていた。
このコーヒーメーカー、もうダメかも…。う〜。買ったばかりなのにぃ。

………………
さて、と。
ここで日が改まる。
気持ちリセット。

あれから1日以上乾かしたからもう大丈夫だろう。
泡の出る飲み物が1本だけ冷蔵庫にあるが、おやつには合わんしな。
とコーヒーをセットして、恐る恐る乾いたタオルごしでスイッチを入れた。

OK!
いい香りが立ってきた。
(電気はビリっときたら怖いから、用心せんとイカンとばい。)
うん!やっぱり甘いものにはコーヒーが合う。

17.11.1. 新宿御苑菊花展始まる。

秋です。
菊の花です。
毎年御苑の菊花展は見事です。

ああいう職人になりたかったなぁ…。
1本の株から518輪とか489輪とか、
たくさんの花を咲かせる、1年がかりの大仕事。

見事だね。
菊にとっては、若干かわいそうかもしれないが。
「わ〜、なんか、今年も頭が重たいなぁ…」って菊が思ってるかどうか…。

ま、なにはともあれ、菊花展。
今日から開催。
さすがの“御苑”です。

171101_IMG_1137171101_IMG_1135171101_IMG_1184171101_IMG_1156171101_IMG_1180