17.11.15. 御苑の花 55_マムシグサの実。

御苑「菊花展」は、今日が最終日。
今日の菊はどれも満開で、とても綺麗。
大作り花壇の菊も、2週間前より花が大きくなって、見事だ。

なのに、もう終わりというのは、ちょっともったいない気がする。

その菊花展の「伊勢菊・丁子菊・嵯峨菊花壇」の近くの
藪の中に、妙に目立つ真っ赤なツブ状の実がある。
そばに名札らしきものが立ててあったが、よく見えない。

デジカメで撮って、帰ってから見ようと思ったが、
やはり名前の部分はよく見えなかった。
「草の実検索」でこれが、「マムシグサ」であることが判明。

初夏の頃に咲く花も、変わった形だ。その頃にまた花を探しに来よう。
シュウ酸カルシウム、サポニン、コニインが含まれる毒草。
サトイモ科テンナンショウ属の多年草。

171115_IMG_1340171115_IMG_1342171115_IMG_1384

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です