17.9.6. 多摩の花 11. ハギ

今年は、ずっと梅雨のまま、秋になったみたいだ。
9月に入って少し晴れた日があったが、今日も小雨。

雨に濡れたハギの花。
数日前に撮ったもので、
晴れたらもっときれいに撮れるかと思っていたのだが。。。
今度の日曜は団地の草刈りで、
全部刈り取られる運命にある。。。

…これはミヤギノハギかな?

………………

日本人には古くから愛されており、
万葉集に最もたくさん読まれている落葉性の低木です。
ハギの仲間、マメ科ハギ属は日本を含む東アジアと北アメリカに
約20〜40種ほどの野生種が知られています。
分類上、単に「ハギ」と呼ばれる植物はなく、ハギ属の中でも、
東アジアに分布する数種が「ハギ」として親しまれています。

葉は3枚の小葉からなる複葉で小葉のかたちは
ミヤギノハギは先のとがった長だ円形、
ヤマハギはだ円形で先端がややへこむことがあります。
〜ヤサシイエンゲイ〜

…というわけで、今日はおはぎを食べよっと。

170831_IMG_2286170831_IMG_2288

17.9.1. 御苑の花 46_ツルボ

中央休憩所の前、初夏の頃にネジバナを撮ろうとして
何度やってもピントが合わずついには諦めた場所に、
なんと!ネジバナが一面に咲いているではないか!

…と遠目には思ったが、近づいて見ると、ねじれていない。
ねじれた心を入れ替えて、素直な花になった…ワケないね。

色はネジバナに似ているが、それより淡いピンク。
そばに看板が出ていた。
ツルボだそうだ。

蜜を集めにミツバチ君も来ておった。

【ツルボ(蔓穂) Scilla scilloides】
全国に自生する多年草で、蔓のような花穂をつけるツルホ(蔓穂)や穂が連なるツラホ(連穂)が変化したのが名前の由来です。長い柄のついた花穂を、公家が用いた傘にたとえてサンダイガサとも呼ばれています。
クサスギカズラ科(旧ユリ科)
花期:8月中旬〜9月中旬

170901_IMG_0235170901_IMG_0228170901_IMG_0242