17.8.29. 御苑の花 45_ネムノキ

日本庭園の端の方に、
ネムノキが数輪咲き残っていた。
いや、これを数輪と言っていいのかどうかわからない。
数カタマリ or 数個とでも言うのかな??

ひとつの花に見えるのは、
小さな花が10〜20個集まったもので、
細長いピンク色のひも状のものは、
実は花びらではなく、長く伸びたおしべだそうだ。
(〜ヤサシイエンゲイ〜)

この部分だけ花が咲いていて、
あとはもう実になっている。
マメのさやがいくつも垂れ下がっていた。

葉は細長い楕円形の小葉を15~30対つける。
夜になると左右の小葉がピタリと合わさって垂れ下がり、
その様子が木が眠っているように見えるのでこの名がある。
御苑は夜は入れないので確認できないのが残念。

【ネムノキ (合歓木) Albizia julibrissin】
マメ科 ネムノキ属

170829_IMG_2200170829_IMG_2205170829_IMG_2203

17.8.28. 多摩の花 10. タカサゴユリ

この夏、白いユリを道端でよくみかける。
最初に気付いたのは、8月初旬。いつもの通勤の道。
ある朝突然咲いていたので、誰かが植えたのかと思ったが、
その後、あっちにもこっちにも咲き出した。
線路の脇やのり面にもたくさん咲いている。
車窓から見下ろすと、よそさまのお庭にもたくさん咲いている。

白いユリだから単純に“シラユリ”かと思ったが、
“タカサゴユリ”というらしい。
風媒花なので、風で種子が飛ばされ、増える。
この近辺でこんなに咲いているのは、今年がはじめてだ。

在来植物に影響を及ぼす恐れのある侵入生物だそうだ。
国立環境研究所の「侵入生物データベース」に載っていた。
台湾原産。観賞用のものが増えたらしい。

170813_IMG_2088170822_IMG_2148170819_IMG_2142

17.8.24. 御苑の花 44_ナンバンギセル

8月1日からの雨の連続記録は21日だった。
それ以後もすっきりしない天気だが、
今日は晴れた。

…ということで、久々に新宿御苑に行った。
暑い。
セミの大合唱である。
トンボやチョウが飛んでいる。
芝生の緑がまぶしい。
やはり暑くても、御苑を歩くと気持ちがいい。

日本庭園に「ナンバンギセル」が咲いているというので、見に行った。
見た目がふにゃっとした感じの茎の先に赤紫の筒状の花を付けている。
葉っぱがないので、比率的に頭でっかちだが、
大きなススキの根元に生えるので、風で倒される心配はなさそうだ。

ススキの根元に頭を突っ込んで写真を撮った。

【ナンバンギセル(南蛮煙管) Aeginetia indica】
全国の山野に自生する、1年生の寄生植物で、ススキやミョウガの根に寄生します。花の形がポルトガル人の使用するパイプに似ていることが名前の由来です。『万葉集』では古名の思い草で呼ばれています。
〔ハマウツボ科〕
花期:8月上旬〜9月中旬 (説明看板より)

170824_IMG_2174170824_IMG_2184

17.8.9. よくぞ言ってくれた!!長崎!

今日8月9日は長崎に原爆が落とされた日。
長崎市長の平和宣言は、大変わかりやすかった。
毎年わかりやすいのだが、今年は特に。

長崎の平和宣言は、被爆者らが参加して
市民が集まって考える文章である。
だから市民や被爆者の気持ちに近いものがある。

今年は、宣言文の中で、日本政府に対し、
「核兵器禁止条約の交渉会議にさえ参加しない姿勢を、
被爆地は到底理解できません。」と強く抗議した。

広島の市長の方は、いままでより、うすらぼんやり感が漂っていた。
原爆投下後の描写はやけに細かくはっきりしていたのだが。。。
「核兵器禁止条約不参加」には言及しなかった。

日本政府のアベ氏はこの事にはふれない。
例によって、いつも「核を持つ国とそうでない国との間に立ち…」
などと、アメリカの核に守られているための苦しい釈明に終始する。
(それならそれで、国際社会に対し何かそれらしい積極的な働きかけをしているのか?)

今、約1万5000発の核弾頭が存在する地球。
誰かがうっかり核のスイッチを押したら、
次々に報復連鎖が始まり、地球は壊滅する。
唯一の被爆国、日本は何をなすべきか、答えはわかっているはずだ。

※余計な事だが、アベさん! 広島平和の式典で、両脇をこれみよがしに
いかついコワモテのSPに守られ挨拶に立つのは、いかがなものか。見苦しい!!
平和の場にいるのが怖いなら、いっそ「文書」だけ提出しとき!

17.8.8. 御苑の花 43_サンゴシトウ

東京地方は台風5号の直撃を免れたが、
御苑の植物や看板は風で倒れているものもあった。
丁度きれいに咲いていた濃い紫のアガパンサスも、頭が重くて折れていた。

中の池付近のサンゴシトウはもう終わっているが、
管理事務所の近くのサンゴシトウは、まだ真っ赤な花を咲かせている。
サンゴシトウには真夏の青い空が良く似合う。

写真を撮っていたら、「この花は何というのですか?」と女性に尋ねられた。
普段は花の前に立っている「サンゴシトウ」の説明看板が
風で倒れて葉っぱの下に隠れていたのだ。

それを指しながら「サンゴシトウ」ですよ、と答えたら、
その女性は、看板を起こして立てかけていた。
…そうだね、それが正しい。。。

【サンゴシトウ (珊瑚刺桐) Erythrina × bidwillii 】
オーストラリアのシドニー植物園で作出されたアメリカデイゴの交配品種で、花を珊瑚に例え、幹や枝にとげがあるのが名前の由来です。また菱型の葉の形からヒシバデイゴとも呼ばれています。
〔マメ科〕
花期:6月下旬〜7月中旬(説明看板より)

170808_IMG_2032170808_IMG_2036170808_IMG_2035

17.8.4. 「遊び人内閣」

今朝8時台のテレビの情報番組は、
4つの局で「S.由貴さんの不倫」を扱っていた。
ドラマを見ないきなこは、このS.由貴さんがよくワカラン。

朝っぱらから4つの局で時間をかけてやってるくらいだから、
超・超・有名人なのだろう…。
が、プライベートな事を、そんなに時間かけて放送せんでも良い。

それより、〝公人〟の、まだ片付いてない件がいっぱいあるだろ?
つい昨日、A氏は内閣を改造して自ら「仕事人内閣」と名づけたそうだが、
じゃ、いままでのは「遊び人内閣」だったのかなあ。。。。

森友問題については、
「私と妻が、この件に関わっていたなら総理大臣も国会議員も辞める」
と国会ではっきり言った件、あれ、どうなったのかなあ。。。。

自ら大親友と呼ぶ人に、
超大事な事を、今年の1月まで打ち明けられてなかったという件、
あれ、どうなったのかなあ。。。。

遠く離れた戦場で(そこは戦場ではないと言い張っておる)、
命をかけて戦っている人たちが書いた日報を
「無い」、と切り捨てた件、あれどうなったのかなあ。。。。

東京オリンピックの誘致で、
福島の海は、アンダー・コントロールだと
ウソついて誘致に成功した件、あれどうなったのかなあ。。。。

あっちでもコッチでも、本当に苦しんでいる人を見ないで、適当な事を言って
その場しのぎをやってらっしゃるようだが、
ツケはドンドン貯まるんですよぉ。忘れないでね♡

景気がいい、景気がいい、とずっと言い続けておるようだが、
きなこのまわりには、食べるだけで精一杯という人がいっぱいおる。
この件、どうしてくれるのかなあ。。。。

内閣には、国会議員からなる場合が多いが、その国会議員には
給与とは別に、月額100万円もの「文書通信費」が支給されているらしい。
貧乏人の年収にも相当する大金を、お小遣いみたいに毎月貰ってりゃ、
センセイたち、「遊び人」にもなるわな。。。。

17.8.3. 多摩の花 9. ヘクソカズラ

今、道の脇の植え込みなどで、他の植物に巻き付いて、
直径1cm長さ1cmほどの釣鐘状の可憐な花を咲かせている。
ヘクソカズラは、この時期、野山のどこでも見られる。

名前は「屁+クソ」であるが、見た目はかわいい。
「ヘクソ」の由来は、茎や葉を揉むと臭気がすることから来ている。
別名ヤイトバナ、サオトメバナ。(〜Wikipedia)
薬用植物でもある。

【ヘクソカズラ(屁糞葛) Paederia scandens】
蔓性多年草
生育地:日本各地
開花期:7〜9月
〔アカネ科ヘクソカズラ属〕

170803_IMG_2006170803_IMG_2005

17.8.2. 御苑の花 42_ムクゲ

千駄ヶ谷門近くの休憩所の横に大きな白い花を咲かせているムクゲ。
ひと月以上も前から咲いているようだが、
実は、朝開き、夜しぼむ一日花だという。
次々に開花するので、長く咲き続けている印象がある。
つぼみは薄紫色。
まだつぼみがあるから、もうしばらく花を咲かせるだろう。

【ムクゲ (木槿) Hibiscus syriacus】
中国原産の落葉低木。平安時代に渡来した。
〔アオイ科フヨウ属〕
花期:6月〜8月

170802_IMG_1916170802_IMG_1923170802_IMG_1921

17.8.1. 足が来た!

急にパイプ・オルガンを習いたくなったのは、4月。
ま、“64の手習い(足習い)”であるからして、
月1で、ほどほどにやろうと思っていたのだが。。。

弾いてみると、どうも足の具合が良くない。
「ドレミファソラシド+ドレミファソ」で鍵盤の数が足りず、
それより高い音は下に戻るので、足がこんがらがって、もつれておった。

それが!なんと、このたび足鍵盤を頂いたのだ。
たまたま上級者の方で、上の機種へ買い換える方がいらっしゃって、
今使っているのを譲って下さるという。

いやいやそんなに上手くなる予定はない、と思いつつ、
せっかくだから、頂こう…というわけで、
なんと、先生ご夫婦が遠い中、重たい足鍵盤を家まで運んで下さったのだ。

いや、これは、いい! 教会のパイプ・オルガンみたいだ! 感謝!感謝!
「ラシド」がプラスされただけで、ちゃんと曲が弾ける!
バッハの 「Ich ruf zu Dir…」は、下から上まで足が揃った!!

さっ、これでどこまで弾けるようになるか?
超・初心者で、いきなりの1曲目ではあるが、
「Ich ruf zu Dir, Herr Jesu Christ」…これがなかなかいいんだな〜♪

170801_IMG_1898