この夏、白いユリを道端でよくみかける。
最初に気付いたのは、8月初旬。いつもの通勤の道。
ある朝突然咲いていたので、誰かが植えたのかと思ったが、
その後、あっちにもこっちにも咲き出した。
線路の脇やのり面にもたくさん咲いている。
車窓から見下ろすと、よそさまのお庭にもたくさん咲いている。

白いユリだから単純に“シラユリ”かと思ったが、
“タカサゴユリ”というらしい。
風媒花なので、風で種子が飛ばされ、増える。
この近辺でこんなに咲いているのは、今年がはじめてだ。

在来植物に影響を及ぼす恐れのある侵入生物だそうだ。
国立環境研究所の「侵入生物データベース」に載っていた。
台湾原産。観賞用のものが増えたらしい。

170813_IMG_2088170822_IMG_2148170819_IMG_2142