今日8月9日は長崎に原爆が落とされた日。
長崎市長の平和宣言は、大変わかりやすかった。
毎年わかりやすいのだが、今年は特に。

長崎の平和宣言は、被爆者らが参加して
市民が集まって考える文章である。
だから市民や被爆者の気持ちに近いものがある。

今年は、宣言文の中で、日本政府に対し、
「核兵器禁止条約の交渉会議にさえ参加しない姿勢を、
被爆地は到底理解できません。」と強く抗議した。

広島の市長の方は、いままでより、うすらぼんやり感が漂っていた。
原爆投下後の描写はやけに細かくはっきりしていたのだが。。。
「核兵器禁止条約不参加」には言及しなかった。

日本政府のアベ氏はこの事にはふれない。
例によって、いつも「核を持つ国とそうでない国との間に立ち…」
などと、アメリカの核に守られているための苦しい釈明に終始する。
(それならそれで、国際社会に対し何かそれらしい積極的な働きかけをしているのか?)

今、約1万5000発の核弾頭が存在する地球。
誰かがうっかり核のスイッチを押したら、
次々に報復連鎖が始まり、地球は壊滅する。
唯一の被爆国、日本は何をなすべきか、答えはわかっているはずだ。

※余計な事だが、アベさん! 広島平和の式典で、両脇をこれみよがしに
いかついコワモテのSPに守られ挨拶に立つのは、いかがなものか。見苦しい!!
平和の場にいるのが怖いなら、いっそ「文書」だけ提出しとき!