今、道の脇の植え込みなどで、他の植物に巻き付いて、
直径1cm長さ1cmほどの釣鐘状の可憐な花を咲かせている。
ヘクソカズラは、この時期、野山のどこでも見られる。

名前は「屁+クソ」であるが、見た目はかわいい。
「ヘクソ」の由来は、茎や葉を揉むと臭気がすることから来ている。
別名ヤイトバナ、サオトメバナ。(〜Wikipedia)
薬用植物でもある。

【ヘクソカズラ(屁糞葛) Paederia scandens】
蔓性多年草
生育地:日本各地
開花期:7〜9月
〔アカネ科ヘクソカズラ属〕

170803_IMG_2006170803_IMG_2005