ムラサキカタバミは、春から夏にかけて、
ピンク色の可愛らしい花を咲かせる、葉っぱがハート型の草。
わりとどこでも見かける花だ。
花びらは5枚。中心部は黄緑色がかる。

ところが、さっき御苑で、
花が二重(八重咲き?)になったものを見つけた。
別の花が重なったものではなく、
どう見てもひとつの花で、花びらが八重咲きのようになっている。

まだ見たことはないが、
「八重咲きドクダミ」というのもあるらしいので、ぜひ見てみたい。

【ムラサキカタバミ(紫片喰)】〔カタバミ科〕
南アメリカ原産。江戸時代末期に観賞用として導入され、日本に広く帰化している。
土の中の鱗茎を取り尽くすのが非常に難しいので、駆除の困難な雑草である。環境省により要注意外来生物に指定されている。(〜Wikipedia)

170615_IMG_1119170615_IMG_1114