このあいだ、
コムギコちゃんに貰ったホタルイカの干物。
これが、実にウマイ!!
日本酒に会う。

あまりにウマイので、いっぺんに食べちゃうとイカンと思い…
一回に2匹と決めた。
小さいので、炙ってお皿に乗っけると、さらに小さくなる。
が、味が凝縮されておるので、ウマイのだ、これが。
内臓の味がしっかり出る。

ただ、コロコロの目ん玉が、奥歯の谷間に落っこちると大変である。
歯全体がモゴモゴ状態で、取れない。
「奥歯にものが挟まった」ってこうゆうコトかと実感。

で、きなこは考えた。
炙ったらまず、目ん玉を取るのがよろしい。
そうだ!そうだ!!ってなワケで…独り合点。

利き酒用の大きめのおちょこで毎晩一杯。
炙ってる時のあの匂いからは、イカ君のお相手は日本酒!
疑う余地なし!!と決めてかかっていた。
条件反射というか、ステレオタイプというか。

で、幾晩かの後。でもな、ビールも酒だ、と思い出して、
ホタルイカちゃんをビールのつまみにしてみた。

ん〜…なんか違う。
やっぱりホタルイカには日本酒だ!!
やっぱ何事にも“相性”というものがあるんだな、
というのを実感させてくれた
偉大なるホタルイカ君であった。