今年もバラの季節がやってきた。
ワタクシきなこは、バラやランより
タンポポやアカツメクサやツユクサの方が好きではあるが…。
丹精込めて育てられた薔薇も良い。
千駄ヶ谷門を入って外周の道を右に歩くとすぐの
プラタナス並木の先の「フランス式整形庭園」で咲き誇っている。

御苑には「フランス式整形庭園」と「イギリス風景式庭園」
があるが、その違いが今だに良くわからない。
時々、歩いている外国人に「イギリス庭園はどこか?」と聞かれるが、
たいていはこの「フランス式庭園」の方を教えてしまう。
フランス式は「幾何学的な構成による庭園」、
イギリス式は「曲線を用いた非対称な庭園」らしいが、
ま、どっちでもいい話ではある。隣同士なんだし。

特に「バラ展」と銘打っているわけでもなく、人が少ないのがいい。
御苑のバラは、今ちょうど咲きそろった頃で、
ピンクや黄色やオレンジや赤や白…色とりどりできれいだ。
薄紫のバラもきれい。
バラはしばらくの間咲いているから、
桜みたいにあわただしく見に行く必要もないけど、
枯れた花びらが混じっていない今のうちに見た方がきれいだね。

170519_IMG_0323170519_IMG_0331170519_IMG_0356170519_IMG_0343170519_IMG_0346170519_IMG_0375