新宿門から入ってすぐ右先のところに、
ひとかたまりのユキヤナギが咲いている。
ピンクの桜と白いユキヤナギと黄色のヤマブキが並んで、春の色だ。
花びらが落ちかけて、今年はそろそろ終わりなのかもしれない。

ウチの団地のまわりにも、たくさん植えられている。
きっと手入れ不要なのだろう。
3月の終わり頃、一斉に咲いて春の訪れを告げてくれた。

【ユキヤナギ(雪柳) Spiraea thunbergii】
東北南部から九州にかけて分布する落葉低木で、花を雪に例え、枝がヤナギの葉に似て細いことが名前の由来です。咲きはじめのつぼみが小さな米粒に似ていることから、コゴメバナ(小米花)の別名もあります。
〔バラ科〕 花期:3月下旬〜4月上旬 (説明看板より)

(2017.4.12撮影)

170412_IMG_9224170412_IMG_9228170412_IMG_9231