駅への道の途中、歩道の脇の植え込みに
今、ツクシがたくさん出ている。3月終わり頃から顔を出していた。
今日は冷たい雨だから、昨日撮った写真をアップしておこう。

ツクシ(土筆)は「スギナ(杉菜)」の胞子茎(ほうしけい)。
ツクシの成長スピードは速く、一日に1cmも伸びるという。
ツクシが枯れた後、地下茎で繋がったスギナが生えてくる。
スギナ(杉菜)は緑色の細い葉で、ツクシの後に4月頃辺り一面に茂る。

【スギナ(杉菜) Equisetum arvense】
シダ類トクサ科

食用になる。
《調理法》
はかまを取り除き、水でよく洗う。 はかまの付け根に残っている土はていねいに落とす。
鍋にお湯を沸かし、水切りしたツクシを入れ、沸騰してから約5分間、時々箸でかき混ぜる。
熱湯にはツクシの胞子が溶け込み、きれいな緑色に変わる。
茹でたツクシの状態で、「玉子とじ」「茶碗蒸し」「お吸い物」など、一般の野菜と同じ素材として調理できる。
茹でたツクシを軽く油炒めして、醤油と味醂、つゆの素などで味付けをしても美味しい。
(〜土筆の採り方と調理法)

※チアミナーゼ、アルカロイド、無機ケイ素などを含むため、多量の摂取は推奨されない。また、心臓、腎臓の疾病を有する人の摂取は禁忌とされる(〜Wikipedia)

(注)見た目がなんですので、私は食べません。
くれぐれも、美味しいからと差し入れなどされませんように。

170411_IMG_9106170411_IMG_8843