桜園地の奥、1本の桜の木の根元に
たくさんのスミレが咲いている。
ざっと数えて200輪ほど咲いていた。
と言っても、小さい花だから、占める面積はたいしたことはない。
たまたま下を向いて気付いた。
こんなところにスミレが…いつから咲いていたのだろう。
高さ4〜5cm。葉っぱはハート形。
タチツボスミレではないだろうか?
皆、満開の桜を見上げて通るから、踏みつぶされてしまわぬか心配だ。
誰かが(御苑の人?)ここに種を蒔いたのだろうか。

タチツボスミレ (立壷菫) Viola grypoceras 〔スミレ科スミレ属〕
薄紫色の花。下の花びらの中心部に細い紫の筋模様。
葉はハート形。多年草。
原産地:東アジアの温帯地域(日本列島、中国大陸、朝鮮半島南部、台湾)
開花期:3月〜5月
(〜みんなの趣味の園芸)

(撮影:3月30日)

170330_IMG_8599170330_IMG_8595170330_IMG_8589