17.1.17. 寒い日は、温室へGO!

今日も東京は、いい天気。
この数日、大雪に見舞われてる東京以外の人たちには、
まっこと申し訳ないが、実に良い天気なのでゴザル。

とは言っても、夜間は寒いから、
御苑の池には薄い氷が張っていた。
こんな日は、そうだ! 温室行こう!!

…と、御苑内の「大温室」に行った。暑いくらいにあったかい。
そりゃそうだ、ジャングルだからね。
ランの花にデジカメを向けると、一瞬でわ〜っと曇る。

こんな湿気は、デジカメ君にとっては良くないとは思うが、
こっちのデジカメは手のひらサイズの安いヤツだし、それにもう、
1回壊れて、その後7〜8年は使ってるしぃ…、ま、レンズを拭き拭きすればいいか…。

けど、大切な〝相棒〟だから、ポケットの中に入れて、温室は足早に通り過ぎた。
ランの花って、大口開けて笑ってるみたいで、不思議な造りで、面白いんだけどね。
温室内は湯気が立ち込めて、温泉に行った気分。温ったまったよ〜♨

170117_IMG_6969170117_IMG_6975170117_IMG_6989170117_IMG_7002170117_IMG_7013

17.1.16. When I’m Sixty-Four.

ご存知、ビートルズの曲だ。
50年ほど前に発表された、
「サージャント・ペパーズ」の中の1曲。

「ずっと先の事だけど、
僕の髪の毛が薄くなっても、
バレンタインや誕生日カードをくれるかな?
僕の事を必要としてくれるかな?
僕が64歳になっても、ゴハン作ってくれるかい?
愛してくれるかい?…」

という愛の歌。
64歳なんて、ず〜〜っと先のことだと思っていたら、
ついに、きなこもなっちまったね。

昨日、昔買ったそのレコードを引っ張りだしたら、
ジャケットの裏に、歌詞がびっしり書いてあるんだけど、
50年経って、字が細か過ぎて読めなくなってた…。

確実に年取ったんだね。
Happy Birthday to me〜♪
Happy Birthday to me〜♪

ハッピーぴょんぴょん…てなわけで、昨日は、明治神宮に
「氷の彫刻展」を見に行った。
いや、別にそんなわけではなくとも、毎年1月14〜15日にやっておる。

170115_IMG_6912

17.1.13. 今日も御苑。

今日もポカポカいい天気。
新宿御苑に散歩に行く。
冬の、この時期にしか楽しめないものがある。

それは、葉っぱを落とした木の影。
地面も、あんまり草が茂ってないから、
木の影がはっきりうつって面白い。

という具合で、地面ばかり見てて思ったのだが、
御苑で感心するのは、《mimi’s》 がいないこと。
森の中にも、道にも出てきたのを見たことがない。

ありがたいねぇ。
殺mimi剤でも撒いてるのかな?
いや、これはきっとモグラ君たちの働きのおかげだね。

モグラの土盛りがいっぱいあるもん。
夜中に活動した痕跡があちこちに。頑張っていっぱい食べてくれ!!
《kemushi》 も苦手だが、《mimi’s》 も苦手なきなこであった。

170113_IMG_6888170113_IMG_6796170113_IMG_6811170113_IMG_6860

17.1.12. 民主主義の理念。

昨日、オバマ大統領の退任演説を聞いた。

素晴らしかった。
(ネットのニュースなので、ところどころ途切れたが…)

内容をかいつまんで言うと…。

…………………………………

民主主義とは何かを、今、正に考えなければならない。

合衆国憲法は素晴らしいギフトだが、1片の紙にすぎない。

それを生かしてきたのは、アメリカの民主主義である。

難民、移民などの子供達を大切にしなければいけない。

外見や宗教の違い、ジェンダーによって、差別してはならない。

黒人や他のマイノリティが共にこの国を作ってきたのだから。

今、テロや格差の拡大により、民主主義が試されている。

自分たちとは意見が違う人がリーダーになったことで、民主主義が試されるのだ。

どのような人がリーダーに選ばれても、
民主主義を正しく行使していくのは、皆さんである。

…………………………………

ま、かなりの意訳だが、そんな要旨だった。

オバマさんの演説は、いつ聞いても素晴らしい。
理想を掲げ、歴史をひもといてわかりやすく話す。
力強さと理性と品格がある。

日本にもこんな政治家がいたらなぁ。。。

17.1.11. 春のような御苑。

雲ひとつない青空。
風もなくポカポカ暖かくて、背中一面幸せ〜♪
この冬最大の寒気は何処へやら。

春のような陽気だ。
メジロの木(本名=カンザクラ)も、
ぽつぽつ花が咲き始めてる。

スイセンもロウバイも、きれいだね。
梅もつぼみがふくらんで、春間近(?)
新宿御苑はいつ行っても花が咲いてる。

170111_img_6788170111_img_6799170111_img_6802170111_img_6816170111_img_6825170111_img_6851

17.1.10. 今明かされた、初詣“衝撃の事実”。

昨日は午後から晴れたので、
そうだ、近所の神社へ初詣に行こう、
と思い立ち、近所の〝チッコイ神社〟へ。

毎日通う、駅へ向かう道の途中から、
若干、崖みたいなところを下りていくと、
ほどなく〝チッコイ神社〟が見える。

これまで、数回行った事がある。
昨日も、神社のチッコイ鳥居が見えたから、
そこから数歩歩いて賽銭箱にお賽銭を入れようとしたのだが。

その賽銭箱を抱きかかえるように
熱心に拭き掃除をしているオジサンがいたので、
横に並んでちゃら〜んと小銭を入れるのもなぁ、と思い。

しばらく待つも、なかなか掃除が終わらないので、神様には黙礼で通り過ぎた。
ところがなんと!、通り過ぎたその先に、というか、ほぼその横に階段があって、
なんと!!!そこが普通の、社務所とかもある意外と大きい神社なのであった。

あ!?、こっちが神社かぁ…。
…つうことは??、こっちは単なるお稲荷さん。。。
ま、お稲荷さんも神社ではあるが。

ずっと前に行った時、1月1日だったので、ここに20人くらいの行列ができていた。
あ、こんな賽銭箱があるだけの、四畳半くらいの小さい神社にも、人が並ぶんだね、と思い、
お参りして、また来た道を引き返し、その時以来ここが神社だとずっと思っていた。

あの時並んでいた人たちは、
勘違いで、人が並んでたから並んだ人と、
大きい神社にお参りしてチッコイお稲荷さんにもお参りした人、の2通りがあるんだね。

これまで近所の人と会って、初詣の話になると、
「ウチは、家族でいつもそこの〇〇神社に行くよ。」
「あ、私もそこの〇〇神社に行ってきたよ。チッコイけどね。」

…ってな具合で、お互い違う神社を思い浮かべて話をしていたワケである。
ニュータウンの山の上だから、ま、こんなもんだと、きなこは思い込んでいた。
20年以上住んでいて、昨日判明した《衝撃の事実》でした。

写真上が、某稲荷。下が、某神社。

170109_img_6727170109_img_6732

17.1.6. 初夢。

初夢とは、1月1日から2日にかけて見る夢だそうです。
最近は、見た夢をその場で忘れてしまうので、
今年の初夢も、何だったっけなぁ…。

夢って、だいたい実際に起こった事が
元になっていることが多い。
わりと現実的なのだ。

道に迷って、海に出るってのが多い。
部屋を探す必要がなくなって25年も経つのに、
今だに部屋を探してる夢も結構見る。

夢=現実。つまり、「夢もへったくれもない」のだ。
ちなみに「へったくれ」とは、何か?
つまらないもの、取るに足らないもの、らしい。

「あの〜これ、〝へったくれ〟なものですが、どうぞ。」とは言わない。
ま、「味噌も糞も一緒くたにする」みたいに、使えない表現だね。
頭の中に、常時あたためているが、使えない言葉でアルよ。ウヒヒ。

ん? 若干、横道にそれたが、去年暮れに見させてもらった夢は、
日本から陸続きで「シベリア鉄道」、まだあきらめきれんなぁ。
お〜い、プーチンさ〜ん!!、夢叶えてくれ〜。

17.1.5. 初御苑。

今年最初の御苑。
ジュウガツザクラもモグラの土盛りも、
スイセンも、去年のままで変わりなく。

ただ、風が冷たくて、ゴ〜ッと音をたてて木々を揺らす。
オ〜、サビィイ〜イ〜と思いつつ、
千駄ヶ谷門周辺だけを早周り。

今年もよろしくお願いします♪

170105_img_6673170105_img_6699170105_img_6709170105_img_6708

17.1.4. ゲゲゲの初詣。

今日は仕事始め。
でもその前に、途中下車して初詣。
ここ数年、初詣は「布多天神社」と決めておる。

参道の甘酒がおいしいからなのだ。
でも今日は4日で、朝も早いから、まだ甘酒屋さんは開店前。
賽銭箱の前まで進み、コインを投げ入れ、パンパンペコペコとお祈りした。

「ご縁×10」のお賽銭を、境内通行料として払う。
あ、違った!…お賽銭は神さまに願いを叶えてもらうため、だったよね。
「健康第一・商売繁盛・世界平和」を願っておいた。

おみくじが並んでいる。普段はおみくじなんて引かない。
運勢やら、お告げやら、風向きやらは、一切信じていないが、
「ゲゲゲの鬼太郎おみくじ」というのがあったので、面白そう、と引いてみた。

中を開けると、「ねずみ男」の「中吉」。
運勢指南の金運のところには「思ったよりお金を使ってしまうことがあるかも。
注意するのじゃぞ!」と。ま、金がなきゃ使えないから、それは関係ない、か。。。

その他の健康、進路、出会い…とかの運勢は普通。
なんか、ねずみ男にしてはまともなコト言ってるな、と思ってよく見たら、
「目玉おやじからの運勢指南」であった。

どっちかというと、「大凶」を引きたかったな。
「大凶」は確率的に低いから、
これ引いたら、きなこ的には「当たり!」だもんね。

ねずみ男かぁ…。ブツブツ…。
一番避けたいキャラクターだな。ブツブツ…。
寡黙な「ぬりかべ」が良かったかな。ブツブツ…。

っつうことは、「大吉」は鬼太郎かな?
いや、目玉おやじだね、きっと…と想像する。
それを確かめるために、どっちかが出るまでおみくじ引くわけにもイカンし。

「箱ごと下さい!!!」って言うかな?
それはまだ、恥ずかしい“お年ごろ”であるし。
ま、そこら辺が「ねずみ男」的かな。

などと、思いつつ。
平和な一年の始まりなのです。
明けましておめでとうございました。

170104_img_6652170104_img_6661170104_img_6655170104_img_6656