昨夜、駅への帰り道、ふと足元に視線が行った。
ん?? ・・・ うわ〜っち!!、しまったぁ〜。
靴がスニーカーだぁ!!

翌日朝から打ち合わせなので、
普通の靴を履いて帰らなきゃ、と思ってたのに、
なんといつものスニーカーを履いてきた。

ここで引き返すと、最終バスに間に合わない…。
仕方ないので、そのまま帰路へつく。
明日は、朝早く出ればいいか。。。

翌朝直行にすれば、新宿でゆっくりコーヒーが飲める、
というのを目論んでおったのだが。
コーヒータイムはおあずけだな。。。

家には、「通勤用スニーカー」か、「冠婚葬祭用の靴」か、「長靴」 しかない。
畑での打ち合わせだったら、バッチリなんだけどなぁ。
もしかして、スニーカーを靴磨きで磨けば、普通の靴になる…わけないよな。

などと考えをめぐらす。あ、そうだ、この前買った新品の黒のスニーカーがある。
あれを履いて裾が長めのズボンにすれば、靴が隠れるかも…。
いろいろ考えつつ家に着いた。帰り着いてすぐ、下駄箱を開けてみると…。

なんと! 端っこの方に、なぜか“普通の靴”があるではないか!
よっしゃ〜ぁ!!! ラッキー!!! 普通の靴がある。“普通”って大切ぅ〜♪
これで、明日はいつもの時間に出て、コーヒーが飲めるワイ。

と、狂喜乱舞して(若干大げさ?)、持ち帰った書類を見てみたら、再び、
うわ〜っち!!、あわてて帰ったもんで、最後に出力した一番大事な紙がない!
結局朝早めに出て、会社に寄る羽目になったとさ。。メデタクナシ、メデタクナシ。