昨日は午後から晴れたので、
そうだ、近所の神社へ初詣に行こう、
と思い立ち、近所の〝チッコイ神社〟へ。

毎日通う、駅へ向かう道の途中から、
若干、崖みたいなところを下りていくと、
ほどなく〝チッコイ神社〟が見える。

これまで、数回行った事がある。
昨日も、神社のチッコイ鳥居が見えたから、
そこから数歩歩いて賽銭箱にお賽銭を入れようとしたのだが。

その賽銭箱を抱きかかえるように
熱心に拭き掃除をしているオジサンがいたので、
横に並んでちゃら〜んと小銭を入れるのもなぁ、と思い。

しばらく待つも、なかなか掃除が終わらないので、神様には黙礼で通り過ぎた。
ところがなんと!、通り過ぎたその先に、というか、ほぼその横に階段があって、
なんと!!!そこが普通の、社務所とかもある意外と大きい神社なのであった。

あ!?、こっちが神社かぁ…。
…つうことは??、こっちは単なるお稲荷さん。。。
ま、お稲荷さんも神社ではあるが。

ずっと前に行った時、1月1日だったので、ここに20人くらいの行列ができていた。
あ、こんな賽銭箱があるだけの、四畳半くらいの小さい神社にも、人が並ぶんだね、と思い、
お参りして、また来た道を引き返し、その時以来ここが神社だとずっと思っていた。

あの時並んでいた人たちは、
勘違いで、人が並んでたから並んだ人と、
大きい神社にお参りしてチッコイお稲荷さんにもお参りした人、の2通りがあるんだね。

これまで近所の人と会って、初詣の話になると、
「ウチは、家族でいつもそこの〇〇神社に行くよ。」
「あ、私もそこの〇〇神社に行ってきたよ。チッコイけどね。」

…ってな具合で、お互い違う神社を思い浮かべて話をしていたワケである。
ニュータウンの山の上だから、ま、こんなもんだと、きなこは思い込んでいた。
20年以上住んでいて、昨日判明した《衝撃の事実》でした。

写真上が、某稲荷。下が、某神社。

170109_img_6727170109_img_6732