初夢とは、1月1日から2日にかけて見る夢だそうです。
最近は、見た夢をその場で忘れてしまうので、
今年の初夢も、何だったっけなぁ…。

夢って、だいたい実際に起こった事が
元になっていることが多い。
わりと現実的なのだ。

道に迷って、海に出るってのが多い。
部屋を探す必要がなくなって25年も経つのに、
今だに部屋を探してる夢も結構見る。

夢=現実。つまり、「夢もへったくれもない」のだ。
ちなみに「へったくれ」とは、何か?
つまらないもの、取るに足らないもの、らしい。

「あの〜これ、〝へったくれ〟なものですが、どうぞ。」とは言わない。
ま、「味噌も糞も一緒くたにする」みたいに、使えない表現だね。
頭の中に、常時あたためているが、使えない言葉でアルよ。ウヒヒ。

ん? 若干、横道にそれたが、去年暮れに見させてもらった夢は、
日本から陸続きで「シベリア鉄道」、まだあきらめきれんなぁ。
お〜い、プーチンさ〜ん!!、夢叶えてくれ〜。