16.12.12. 初霜。

寒い。
初霜です。駅への道の端っこです。
冬だね〜。

代々木に着いたら、真っ直ぐな雲。
あと一息で、ビックリマーク。惜しい!
空気が澄んでますねぇ。

161212_img_6527161212_img_6529

16.12.9. 朝から走る。

今朝は10時からビルのエレベーターの点検だ。
前の点検時には、非常階段の途中、3階でクラクラして足がすくんだから、
今日はなんとしてでも10時前に入りたい。

家から駅まで走り、電車は混んでる一番前に乗り、
新宿の乗り換えで走り、代々木の駅を降りてから走り、
走って走って…10時3分前に到着。

工事の人はまだ来てない。ヤッタ〜♪ 間に合った〜♪
と思って、エレベーター脇の貼り紙を見たら…。
エッ!…「点検。13時から14時まで。」と書いてある。

あれ??? 一体何と勘違いしたんだろ。
ああ疲れたワイ…。で、こんなに走っても、
家から事務所まで、1時間20分もかかるんだよね。ふ〜っ。

16.12.8. ジョン・レノン。

今日は12月8日、忘れられない日。

1980年12月8日。
ジョン・レノンが暗殺された。
享年40。

最後のアルバム『ダブル・ファンタジー』は当時買っていた。
「スターティング・オーバー」はいい曲だ。新しい始まりの予感。
これから新たなスタートだ、と、誰もが思ったのに。。。

16.12.7. 副都心線北参道駅入口、新発見!!!

今朝、歩いて来る時、ふと道の右側を見たら、1階工事中のビルの奥に
地下鉄のマークと「北参道駅」の表示が!!
おっ! 明治通りを渡らずとも、こっち側から入れるんだ!!!

明治通りの信号は長いからなぁ。
「北参道駅」の入り口は、右目の前なんだが、信号待ちが大変。
でもぉ…。こっち側から入っても、中でモグラの迷路みたいだったら、イヤだな。

ま、ともかく、Good News!

16.12.6. 御苑落ち葉。

今日は風が強かった。
御苑は、千駄ヶ谷門の横のイチョウが葉を落とし、
門のあたりにザックザック積もっている。

苑内の木々も葉を落とし、道は落ち葉で埋もれている。
森の中にじっと佇んでいると、ゴ〜ッという風の音とともに、
頭上からパラパラと葉っぱや銀杏が落ちて、時々頭に当たる。楽しい♪

これだけ広い苑内の葉っぱを掃除するのは、大変だろな。
自宅前の落ち葉掃きだけでも結構大変なのだ。
でも、落ち葉は好きだから、「御苑の落ち葉掃きオバサン」が夢の仕事なのだ。

「アンタ! 体力ないからダメ!」 って言われそうだけど。。。
それに、落ち葉掃きは、あの掃除機のデカイのを肩から掛けて、
ブォ〜ンって一気に掃き寄せるんだよね。若干、情緒がないかも。

161206_img_6399161206_img_6404161206_img_6428161206_img_6440161206_img_6478

16.12.5. バッグ修理。

紐がちぎれそうだったバッグを、修理した。
いや、ホントは捨てようと思ったバッグなんだよね。
でもとりあえず、捨てずにとっておいた。(良かった良かった)

新しいバッグを買ったんだけど、入れるところが多すぎて(10ヶ所位ある)、
中のものを探すのに時間がかかる。(“機能的”も、度をすぎるとイカンちゅうことだな。)
あっち見て、コッチ見て、そっち見て、どっち見て…。また、あっち見て、コッチ見て…。

一昨日もレジでサイフを探して、バッグの中をあっちこっち。。。あせったあせった。
結局、サイフ(つまり小銭入れ)は会社の机の上に置きっぱなしだったのだ…。
バッグにあった1枚のお札をくずして、上着のポケットにお釣りをじゃらんと入れた。

その後は、ポケットから小銭をひと握り取り出して、手のひらに乗せて、支払う。
まるでホームレスのおっちゃん(あ、ゴメン!)状態であった。
やはり小銭入れは必要だね。(サイフはもともと持っとらん)。

というワケで、紐を修理しようと思い立ち、
手芸屋さんという、きなこには全く似つかわしくない店に入り、
牛革の端切れ300円ちゅうのをゲットした。

若干、色は違うが、質感はぴったりだ。
これで、紐の切れそうな部分を一巻きして、革用ボンドでくっつけ、
テーブルの足で重しをして、しばらく置いたら、出来上がり。

端切れは、真ん中に穴があいておるが(それで安い?)、A4くらい大きいので何度も使える。
器用な人ならこれで、小物入れのひとつもできるだろう。修理の出来栄えは…、まあまあ、だね。
いつも紐の部分をつかんで歩くクセがあったので、ここだけ“のび〜る”。以後注意。

161205_img_6382161205_img_6390

16.12.2. フィデル・カストロさん。

最近起こった悲しいこと。
先週、11月25日、キューバのフィデル・カストロさんが亡くなったこと。
偉大な「世界史」そのもののような人だった。

以前、テレビのドキュメンタリーで見たシーンだが、アメリカのジャーナリストに、
「あなたは、その服の下に防弾チョッキを着ているという噂ですが?」と尋ねられた時、
服の中を見せながら、「わたしは、モラルというチョッキを着ているから、大丈夫だ」と微笑んだ。

“カッコイイ!”とは、正にこういうことだ。
630回以上も暗殺の標的にされながら(多くがCIAによるものらしい)、
あの余裕はどこから来るのだろう。

5年ほど前に、地球一周の船旅の途中、キューバに立ち寄った時に、
急遽、カストロさんの講演に御一行様として誘われた。経緯は良く知らないが、
アメリカ嫌いの彼に、アメリカに嫌われているこのツアーが招待されたのだろう。

そのときの印象は、
ものすごくしゃべる人だ、ということ。
政治経済世界情勢から、宇宙のビッグバンに至るまで、縦横無尽、話は尽きなかった。

船が出る時間だから、と話をとめられるまで、エンエンと数時間力強く喋り続けた。
当時85歳にして、あのエネルギーと膨大な知識は驚異的だった。
ゲバラと共に革命を成し遂げた“歴史の人”が、目の前で気宇壮大な話を繰り広げていた。

キューバは医療先進国だ。医師の数は、人口あたり日本の3倍。
経済的には貧しいが、基本的に医療と教育は無料。日本と違って、学びたい人が学べるのだ。
病気になったら病院に行ける。それだけでも素晴らしい。うらやましい。

訪れた当時は、カラフルなアメ車が街を走り、歴史的な建物が数多く残る、いい街だった。
最近アメリカとの国交が回復されたが、一介の旅行者としては、
アメリカが入ることにより、あのいい雰囲気が壊されるかと思うと、ちょっと残念な気もする。

カストロさん、お疲れさまでした。

16.12.1. まいどおなじみの〜♪

京王線の遅延でございます。
以前は何があっても運行し、遅れることはほとんどないと皆様より評判を頂いておりましたが、
このたび諸般の事情により、『少しの雨と混雑で遅延する京王線』 に方針転換いたしました。
皆さまのご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。
……(京王線に成り代わり、ご挨拶させて頂きました)……

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

今朝のHPの運行情報を見ると、“遅れ”とは出てなかったが、利用客の苦情がずら〜っと並ぶ。
「なんでこんくらいの雨で遅延してんの??? お前のことだよ京王線」
…には、笑ってしまった。学生かな?。(今朝は10〜15分の遅れでした。)

雨で遅れ、混雑で遅れ…。
まあ、安全運転のためには仕方ないが、そのアナウンスに腹が立つ。
「混雑の影響で一部列車にお客様が集中したために遅れが生じております。」

まるで、客が悪いような言い方じゃないの!!!
どの電車のどの車両に客が集まるかは、わかっちょるだろうが!
毎度毎度、遅れを客のせいにされたんじゃ、腹が立つんだよ!

何十年も営業してりゃ、一年のどの季節に混んで、一日のどの時間に客が多いかくらいわかるでしょ?
前日の天気予報で雨と出てりゃ、雨の準備しときなよ!
雨が降ったら、駅のどの辺に客が集中するかくらいわかるでしょ〜が!! 対策取んなさい。グチグチ…。

それからね、車両と線路の点検を、もっときちんとやりなさい!!
(最近、めちゃくちゃ、揺れ過ぎなんだよね)
事故が起こってからでは、遅いですよ!!