100均で買ったワイヤーネット5枚。
長いの2枚と中くらいの3枚を組み合わせ、
針金でチャチャっと結びつければ、ハイ!、温室のできあがり!!

これをレースのカーテンを挟んで、窓にピタッと設置する。
外からは部屋の中は見えない。
内側のカーテンを閉めておけば、昼間ガラス窓越しに温められた空気がたまる。

多分5年以上(10年以上?)もってるから、丈夫で長持ち。しかも525円(当時)。
手前両側は、水やりができるよう開けたとこが、ミソである。(これがホントの“手前味噌”…)
上には、洗濯物を広げて干せるし、“えのき”とか“しめじ”とか干してもいい。

ちなみに、下の写真の黒い物体は、
『陸に上がって、しぼんだラッコ』…ではありませんぞ。
ダウンを洗って干しておるのだ。

桶に洗剤を溶かして、ダウンをつけておく。
手で、“くちゃくちゃもみもみ”してから、洗濯機にほり込んで、
ドライコースで洗う。

ざっくり脱水し、形を整えて、この温室の上に広げる。
しばらくしてから、逆さ吊りにして室内干し。
時々、“もみもみほぐほぐ”して、ダマにならないようにする。

2日間干して『最強のダウン』は、よみがえる。

このダウン、しまっていた間に袖口に少しカビが生えたので、この冬新しいのを買おうと思ってたのだ。
が、最近はどこの◯ニクロに行っても、向こうの景色が透けて見えるくらい薄っぺらで、
ダウンもちょびっとしか入ってない、“これでダウン???” …な、寒そーなものしか、売ってない。

◯ーカドーとかの、生地がお洒落っぽかったり、エリマキトカゲ的奥様っぽいのは趣味じゃない。
ダウンは、ホカホカに暖かくて、生地が丈夫でシワにならず、水をはじいて、汚れが目立たず、
ポケットに手を突っ込んで歩ける、機能的なものでないとイケナイ。

『最強のダウン』 は10年以上着て、ポケットのあたりが点々とハゲておる。
だから、ハゲて白い生地が出たところを、黒のマジックで塗りつぶすのだ。
以上で完成!!ヤッタ〜!! 『最強のダウン』 復活〜!!

161128_img_6197161128_img_6216