今日は、空気は冷たいものの、
昨日と打って変わって良い天気。
道の端には、雪がまだ残っている。

オペラシティの、お昼のオルガン・コンサートに行ってきた。
サントリーホールや、東京芸術劇場や、ミューザ川崎など、もっと大きいのも聴いたが、
ワタクシ的には、ここのオペラシティの音と、ホールの造りが一番好きだ。

演奏曲目は、バッハの「目覚めよと呼ぶ声あり」、他5曲。
ビジュアル・コンサートと銘打っていて、
手元足元を、スクリーンに大きく映し出してくれる。

いまだに、足鍵盤の弾き方がわからないきなこにとっては、
これは、非常に参考になる…はずであったが、
今日も、2曲目あたりで熟睡してしまった。

そもそも、なにを履いて弾くのかさえわからない。
専用の靴を履くのか? つま先を使うのか、かかとなのか。(今日の奏者はかわいい靴だった。)
それから、うまく弾けないのは、もしかして、きなこの足の長さが足りんからか?

〜つうことは、椅子の脚をノコギリで切るといいのか?
いや、切り損なってガタガタになるとまずいから、
オルガン本体の下に板をかませた方がいいか…?

などなど考えて、すでに2年経過。
あいかわらず、立って弾いております。
(もちろん、足のパートは省いて…)

161125_img_6185