16.11.29. 鳩森神社のイチョウ。

ランチタイムに、鳩森神社の黄葉を見に行った。
黄緑色と黄色が混じってとっても綺麗。

大鳥居を入ったところに、でっかいのが1本。
富士塚の横に、道路に少しはみ出して、これまたデカイのが1本。

右奥の幼稚園の脇にもあるから、全部で3本かな?
いや、その横もイチョウだとすると、4本かな? もっとある??

もう少しで、まっ黄っ黄になるね。

東京のロゴマーク、億単位の金かけて、「&ナントカ…」なんて気取ってないで、
これでいいんだよなぁ…。お金かけなくても、道にいっぱい落ちてるじゃん。

161129_img_6229161129_img_6231161129_img_6245-1161129_img_6254161129_img_6256

16.11.28. なんちゃって温室。

 

100均で買ったワイヤーネット5枚。
長いの2枚と中くらいの3枚を組み合わせ、
針金でチャチャっと結びつければ、ハイ!、温室のできあがり!!

これをレースのカーテンを挟んで、窓にピタッと設置する。
外からは部屋の中は見えない。
内側のカーテンを閉めておけば、昼間ガラス窓越しに温められた空気がたまる。

多分5年以上(10年以上?)もってるから、丈夫で長持ち。しかも525円(当時)。
手前両側は、水やりができるよう開けたとこが、ミソである。(これがホントの“手前味噌”…)
上には、洗濯物を広げて干せるし、“えのき”とか“しめじ”とか干してもいい。

ちなみに、下の写真の黒い物体は、
『陸に上がって、しぼんだラッコ』…ではありませんぞ。
ダウンを洗って干しておるのだ。

桶に洗剤を溶かして、ダウンをつけておく。
手で、“くちゃくちゃもみもみ”してから、洗濯機にほり込んで、
ドライコースで洗う。

ざっくり脱水し、形を整えて、この温室の上に広げる。
しばらくしてから、逆さ吊りにして室内干し。
時々、“もみもみほぐほぐ”して、ダマにならないようにする。

2日間干して『最強のダウン』は、よみがえる。

このダウン、しまっていた間に袖口に少しカビが生えたので、この冬新しいのを買おうと思ってたのだ。
が、最近はどこの◯ニクロに行っても、向こうの景色が透けて見えるくらい薄っぺらで、
ダウンもちょびっとしか入ってない、“これでダウン???” …な、寒そーなものしか、売ってない。

◯ーカドーとかの、生地がお洒落っぽかったり、エリマキトカゲ的奥様っぽいのは趣味じゃない。
ダウンは、ホカホカに暖かくて、生地が丈夫でシワにならず、水をはじいて、汚れが目立たず、
ポケットに手を突っ込んで歩ける、機能的なものでないとイケナイ。

『最強のダウン』 は10年以上着て、ポケットのあたりが点々とハゲておる。
だから、ハゲて白い生地が出たところを、黒のマジックで塗りつぶすのだ。
以上で完成!!ヤッタ〜!! 『最強のダウン』 復活〜!!

161128_img_6197161128_img_6216

16.11.25. オルガン・コンサート。

今日は、空気は冷たいものの、
昨日と打って変わって良い天気。
道の端には、雪がまだ残っている。

オペラシティの、お昼のオルガン・コンサートに行ってきた。
サントリーホールや、東京芸術劇場や、ミューザ川崎など、もっと大きいのも聴いたが、
ワタクシ的には、ここのオペラシティの音と、ホールの造りが一番好きだ。

演奏曲目は、バッハの「目覚めよと呼ぶ声あり」、他5曲。
ビジュアル・コンサートと銘打っていて、
手元足元を、スクリーンに大きく映し出してくれる。

いまだに、足鍵盤の弾き方がわからないきなこにとっては、
これは、非常に参考になる…はずであったが、
今日も、2曲目あたりで熟睡してしまった。

そもそも、なにを履いて弾くのかさえわからない。
専用の靴を履くのか? つま先を使うのか、かかとなのか。(今日の奏者はかわいい靴だった。)
それから、うまく弾けないのは、もしかして、きなこの足の長さが足りんからか?

〜つうことは、椅子の脚をノコギリで切るといいのか?
いや、切り損なってガタガタになるとまずいから、
オルガン本体の下に板をかませた方がいいか…?

などなど考えて、すでに2年経過。
あいかわらず、立って弾いております。
(もちろん、足のパートは省いて…)

161125_img_6185

16.11.24. 初雪。

今朝、窓をあけると外は雪。
けっこう積もっておる。

東京で11月の初雪は、54年ぶり、
11月の積雪は史上初だとか。

54年前の東京の雪かぁ〜。う〜ん、う〜ん。思い出せんなぁ…。
…あ、そうか。きなこはまだ東京人ではなかった。

こんな雪の日は、京王線は遅れてるだろな。
と思いつつ駅へ行くと、案の定遅れてた。

最近は“雨でも混雑でも止まる京王線”という評判(!)だから、
雪の日に動いてるだけエライッ。メズラシッ。

171124_img_6157171124_img_6165

16.11.22. 地震と津波。

早朝の地震。ゆ〜らゆ〜ら…。「あ、この揺れは東北だ!」と、あわてて飛び起きた。
テレビをつけたら「つなみ、にげて!」の、大きな赤ベタ白文字。
アナウンサーは「今すぐに、高い所に逃げて下さい!!」 と繰り返し叫んでいた。

副音声では、英語や中国語、韓国語などで避難を呼びかけている。
地震のわずか10分後には、港から次々と船が出て行く様子が映し出されていた。
東日本大震災の事を思い浮かべて、海辺の人達の避難は素早かったようだ。

結果的には大した被害もなく、皆ホッと胸をなでおろした事だろう。

我が家は標高120mだから、津波は来ないし、山も多分崩れない。
だけど、大地震の時は、天井が落ちてくるね。きっと。
コウエイ団地のくせに、25年前の新築入居時から、あちこちヒビ割れてるんだよね。

で、天井が落ちたら、その時は、ベッドの下に潜り込もうと、いつも考えている。
「ドスン。ゴロッ。」と、2ステップでベッド下に入るのだ。
部屋には家具など一切無く安心だが、せめて水とお菓子くらいは側に置いとかなきゃな。

で、そんなこととは何の関係もなく、きょうの御苑は、“最高の秋”でした。

161122_img_6074161122_img_6088161122_img_6139161122_img_6111

16.11.21. ゴミ箱作った☆

資源分別用のゴミ箱を作った。
フタ付きのダンボール箱2コと、カラーボード1枚を買ってきて、
パタパタと箱を組み立て、フタもペコペコと作る。

箱の左右に2つのフタを取り付け、
上に、カットしたカラー板を乗っけて右側だけガムテープで貼る。
その上に、もうひとつの箱を乗っけて、ハイ! できあがり!

15分で完成! 材料費324円!
下段には、紙、瓶、缶を入れる。
上段には、ペットボトルとプラスチック。

今までのは、ホームセンターで買ってきた、ダンボール箱そのままであった。
5年も使ってヨレヨレになったので、ちゃんとしたゴミ箱を買いにいったのだが、
ちゃんとしたゴミ箱は、ゴミ箱そのものを捨てる時に、困るな…と思い。

だから、またペコペコと畳んで捨てられるように、作った。
なかなかいいじゃん〜♪と、自画自賛。
キッチンに置いたら、ぴったしである〜。

161120_img_6058161120_img_6060161120_img_6064

16.11.18. 新米炊いた♡

自家製新米を戴きました〜♪
おお、スゴイ!
早速炊こう。

1日目。
ゴハンを美味しく炊くのは、やっぱり土鍋だね。
ってことで、土鍋で炊いてみました。

はじめちょろちょろなかパッパ…。簡単、簡単♪
30分たったら、蓋をあけてみましょ♪
…と、期待のマナコで、蓋を取ったら…オーマイガー。。。

焦げてるぅ…それも、かなりコチコチに黒く。。。
ん〜、何がイカンかったんじゃ??
水の量か、火加減か。。。

せっかく、辛子明太子を買ってきたのに。。。
仕方なく、お焦げを剥いで、それに辛子明太子を乗っけて、
「辛子明太子せんべい」みたいにポリポリ食べました。(これはこれで、いける…かも。)

2日目。
今度は素直に「炊飯器」で炊くか…。
でもな、アイツ、美味しく炊けないから、もうクビにしちゃって、押入れの中だしな…。

そうだっ!
一人前用炊飯器を買おう。
こんな機会でもなきゃ、残りの人生、炊飯器を買うことなんてないよな。

それに、最近家での夜ゴハン、主食はうどんである。
つまり、毎度毎度、1玉あたり塩分1.2gを摂取してることになり。。。
高血圧気味のきなこには、良くない。一応気にはしておった。

…などなど思い、ヨドバシカメラに寄って、一番チッコイのを買ってきました。
カワユイ〜♡ 手のひらサイズの、かわいいヤツ。「お前、おもちゃか?」って感じの。
でも電化製品は、シンプルなのに限るんだよね。単純なヤツほど壊れないから。

で、早速箱から取り出し、ざっくり説明書を見て、こりゃ簡単だ!
と、中を洗ってすぐに炊き始めました。
(先におコメをといでおいたから、浸し時間は充分だね〜)

20分後、ピ〜ピ〜ピ〜ピ〜ピッ♪ 炊きあがりぃ。
恐る恐るそぉ〜っと蓋を開けてみたら、おお〜、できてる♡、粒が立ってる♡
やった〜。早速、辛子明太子を乗っけて、新米を味わったのでゴザイマス。

メデタシメデタシ。
北東の方角に向かって、ごちそうさまでした!
つやつやふっくら、美味しかったです〜。完食!

(よくよく考えたら、ジツはワタクシ、土鍋でゴハン炊いたことなかったんだわ。ブヒヒ。)

161118_img_6008161118_img_6012
161118_img_6021

 

16.11.17. 菊花展延長してるよ〜♪

今日は「コウテイダリア」を撮りに、御苑へ。
千駄ヶ谷門の入り口には、菊の花がまだ置いてある。
中に入ったら、「←菊花壇」の貼り紙が。

あれっ? 貼り紙、はずし忘れてるんじゃないの。
と思ったが、もしかして…と思い、
日本庭園の方へ行ってみた。

すると。。。おや?。。。やってるじゃあ〜あ〜りませんか♪
あ、でも、今日は、ブンブンブ〜ン♪、とりあえず「コウテイダリア」なのだ。
おっ! 黄金色のイチョウの大木の横で、ダリアが大きなピンクの花を綺麗に咲かせてる。

去年はコウテイダリアの花の中にいた、ブンブンブ〜ン♪
足に花粉玉を付けた、可愛いミツバチ君の姿が撮れた。
でも今日はダメだったな…。

カンザクラもホトトギスもきれいだし、モミジの紅葉も、ヒコーキ雲も綺麗だ。
今日も良き日である。ゴハンを食べに一旦御苑の外へ出て、再び入る時に聞いてみた。
「菊花展、いつまでやってるんですか?」

すると、「15日までの予定でしたけど、今年は咲くのが遅かったので、
20日頃までですね。“菊次第”です」 という粋なお答え。
だから、◯日まで、とは書いてなかったんだな。

161117_img_0755161117_img_0779161117_img_0786161117_img_0789161117_img_5974161117_img_5973

16.11.16. 山の黄葉と都心の黄葉。

これから12月上旬にかけて、イチョウの黄葉が美しい。
自宅を出たあたりでは、今朝は、もうすでにイチョウの葉っぱが落ちている。
歩くとサクサク趣があるのだが、バリバリと銀杏を踏みつけるので、臭い。

渋谷区の北参道では、ちょうど黄色に色づいたところ。
この先、千駄ヶ谷駅あたりまでイチョウ並木が続くが、
そっちの方は、黄葉と言うにはまだ早かった。

161116_img_5949161116_img_5961