今朝、コーヒーを飲みに立ち寄った店での事。
カウンターの中には5人程の店員さんたちが忙しそうに立ち働いていた。
中の一人の女性。接客時、笑っているのだが、笑顔が怖い…のである。

思いっきり口角を上げて、思いっきり力を込めて、
そう訓練されているからか、「これぞスマイル!!」ってお顔をされている。
そのお顔に、思わず体が逃げた。ド緊張。

いやいやいやいや…いいんですよ。
営業スマイル。
でもやりすぎは、ちょっとね。こわばる。

で、最近、とある党の、とある党首になられた、とある女性。
このタイプの笑顔も、ワタクシとっても苦手。
この笑顔で握手を求めて来られたら、15mほど後ろに飛び退く。

とある党の、とあるトップの笑顔も、苦手。
この笑顔で握手を求めて来られたら、150mほど後ろに飛び退く。
笑顔の後ろでその腹に何を収めてるの?…憲法改正か?

選挙戦では「憲法改正」にほとんど触れてないのに、多数を取った途端、憲法改正を目論む。
今までも、選挙中は、思いっきりニコニコ、経済政策の成果を強調して票を取り、
多数を取った途端、「特定秘密保護法」や「平和安全法制」をゴリ押しした実績(!)ありますよねぇ。

とっても大事なことだから、選挙戦でも堂々と、
「憲法改正」を公約に上げればいい。
姑息なやり方はイカンよ。

作り笑顔の裏にあるものは、コワイよね。
笑顔は自然でなくっちゃ。
卓球の愛ちゃんみたいにね。

※以上、全くの個人的な感想でした。(反論は受け付けておりません。)