ニースでまたトラックによる大きなテロが起きた。
今、わかっているだけで、死者84人だそうだ。

以前船旅をした時に、港の都合で、
入港する予定だったモナコ港に入れず、
近くの「ヴィルフランシュ・シュルメール」という
小さな港町に寄ったことがある。
大きい船は沖合にとめて、小舟で何往復もして陸に上がった。

その町は本当に美しかった。
海のブルーと、小高い丘の緑が美しい風光明媚な港町。
海沿いの通りのお洒落なカフェでのんびりしたり。
年寄り夫婦が手をつないで散歩していたり。
石造りの古城がアートギャラリーになっていたり。

その街があまりに素晴らしかったので、
本来行くはずだったモナコまで、とりあえずはバスで行ったが、
お店もカジノも全然つまらなく思えて、
早々にこの小さな港町に引き返し、
出港の時間まで、のんびり街歩きをした。

ヴィルフランシュ・シュルメール…おしゃれな街だった。
地名も、多分「海沿いの別荘地」、みたいな意味だろね。
フランス語の国だから、住みたいという気は起きなかったが、
陽光あふれる、平和そのものといった街で、
人々は穏やかな顔で、ゆっくりのんびり過ごしていた。

地図で見たら、ニースはそこから直線距離で1〜2km、徒歩圏内だ。
フランスは、すっかり怖い国になってしまった。

Fr_IMG_1795Fr_IMG_9687