ビビたるものではあるが、熊本地震の寄付をした。

地震が起きてすぐにと思ったが、
あいにくその時はお金がなかった。
で、先週のこと、あ、そう言えば…、
と思い出した。今なら、ある。

被害の甚大さに鑑みれば、
金額的には、大した額ではない。
それでも、熊本城の瓦の一枚にでもなれば、と思い、
郵便局に入った。

「すみません。熊本地震の寄付をしたいんですけど、
振込先教えて下さい。」
と言うと、中の人が、
「そこのカゴに振込先を書いたのがありますから、
お好きなところを選んで下さい。」

まあ、ご親切に!手書きで振込先が記入してあるよ。
あいにく「熊本城」という振込先はなかったので、
一番被害が甚大そうな、南阿蘇村にした。

で、手元には、10,000円。
全部寄付しようと思ったが…。
あいにくと、今、小銭入れには、これと100円玉が数個しかない。。。
普段ならこんな災害時には「寄付」は1万円以上するのだが、
ここんとこ、金がない!

イカン…。メシ代が。。。

とりあえず、5,000円と書いて、
「あの…、おつり、下さい。。。」
おずおずと言って窓口に差し出した。
「あ、もちろん。」と言って、窓口のオジサンは愛想よくおつりをくれた。

なんとなくぅ、ではあるが、
寄付でおつりをもらっちゃイカン、というイメージがある。
(だって募金箱にお金を入れたら、おつりは出ないじゃないですか…)

ちなみに、ですね、“それがどうした”的なことではありますが、
きなこは、生まれてこの方60数年、
サイフというものを持ったことがない。
ズボンのポケットに入る小銭入れで、今だに充分間に合っておる。

で、そのおつり、一週間分のメシ代を小銭入れに入れて、
ホッとしたワケですよ。
……………
こんな細かいこと言ってると、
マスゾエになっちまう。イカンイカン。。。