16.6.30. ツイてないランチ。

今日は木曜日だから、ランチは「生姜焼き」だ!
ところが、入口には4人ほどの列。
店中をチラッと見たら、料理がくるのを待ってる人が多い。
注文を受けた順にフライパンを振る店だから、今日は諦めよう。。。

仕方ない。2軒目は、居酒屋へ。
値上げして若干頭に来てたけど、「鳥の唐揚げ定食」にするか。
ところがここにも行列が。
1時だとまだちょっと早かったかな。

そこで、ちょっと離れた3軒目へ。
今日のランチは、「美味しいカツカレー」といくか。
が、しかし、看板が出てない。
え〜、まさかの休み?。。。

仕方なく、4軒目は中華屋さんへ。
「五目かけご飯」を頼んだが、
やってませんッ!!と、
おっさんにメニューをボン!と置かれた。

あれ? いつものおじいちゃんなら、
「え?」という顔をするけど、
ニコッとして注文を通してくれる。
ワタクシ、今までメニューにないのを頼んでたのでゴザルか?

仕方なく「A定食」を頼んだが、
美味しくなかった。。。
あのおじいちゃん、どうしたんダロ?
そう言えば、いつもは込んでる店内が空いてたなぁ。

今日のランチはホントにツイてなかった。
今日は少し早めに帰って、
おいしいもの食べるかな。
もちろん「&ビール」で。

16.6.27. バッハ・コレギウム・ジャパン。

以前から聴きたいと思っていた、
バッハ・コレギウム・ジャパン。
なかなか機会がなく、やっと昨日、
「調布音楽祭」で聴くことができた。

曲はバッハの「管弦楽組曲 第3番」と
ヘンデルの「水上の音楽 全曲」
力強い演奏で素晴らしかった。
踊り出したくなるような演奏だった。

昔、レコードでテレマンのターフェル・ムジークを
よく聴いていたことがあった。
演奏者は誰か忘れたが、あの懐かしい響きだ。
あのレコードもたしか古楽器だったな。

おととい、お弁当を買いにデパートに入ろうとした時、
ふと、右を向いたらそこに「調布音楽祭」のポスターが。
そこに「バッハ・コレギウム・ジャパン」の文字。
即、チケットを買った。ラッキーだったね。

鈴木雅明さんがかっこいい。
以前から、白髪がさらさらふさふさしてらっしゃるので、
かなりお年かと思っていたら、きなこより年下であった。
自分の歳を思い若干ショックだが、どおりで力強い指揮だった。

今までこの「調布音楽祭」なるものを知らなかった。
府中では、秋に街なかでジャズのお祭りがある。
下高井戸でも、秋の音楽祭でアマチュアオーケストラが
素晴らしい演奏を聴かせてくれる。

京王線沿線、音楽が盛んで嬉しいね。

16.6.24. さっきの雨雲。

夕方近く、空が一天にわかにかき曇り、
今日こそ雨か? 雷か? と
一瞬喜んだが、うん、何も降らなかった。

大丈夫かな?
東京の水。
降ってくれないと、困るよね。

ところで昨日は
帰りのバスでよく一緒になる近所の人と、
水光熱費の自慢話をした。

もちろん使わない方の自慢。
「ウチは水道は2ヶ月で3,000円くらい、
電気が1,500円で、ガスは2,000円くらいかな〜」

「風呂は沸かさないし、
料理もあんまり作らないし。」
「あ、シャワーは浴びてるよ、毎日。」

…てな具合で、まあ同じ節約レベルのようだが、
ウチは一人、あちらは二人。
ちょっぴり負けた感あり…。

16.6.23. イライラすること。

朝来て、パソコンを立ち上げた時、
フォルダが右端にきちんと整列されている。
これが、今の私にとっての最大のイライラである。

前日にどういう操作をしたら、
翌日、こうなるかは、だいたいわかってきた。
デジカメから、デスクトップにデータを移したら、
必ず、翌朝は整頓されちまう。。。

MacのOS10に切り替えた後、
パソコンがこんな余計なおせっかいをしてくれるようになった。
Macは自分仕様でできるところがいいのに。

右側と左側と下の方と、真ん中と…
とにかく立ち上げた時、0.1秒でわかるように
“雑然”と置いておく。

…なのに…

夜中に、こっそりお掃除オジサンだかオバサンが
事務所に入ってきて、
“まあ、この人の机、きたないこと!!
きれいに整理整頓してあげましょう。”

…てなイメージだね。

そんな整頓されると、大、大、大迷惑なんだけどね。
それが、ワカランかなぁ。。。

今朝も、立ち上げた途端に整頓されてたもんだから、
また“バラバラに”正しく置き変えた。
ご丁寧なことに、今朝はなんと!!
フォルダの中身まで整頓してくれてやがった!!!(あ、お下品!)
70コものファイルを、内容別に縦並びに並べてたのに、
種類別に横並びになっていた!!!(オーマイガー!!!)
全て元通りにするのに、10分もかかっちまったぜ!!

お掃除オバサンに、
今日はなんと、“引き出しの中も汚いわねえぇ”と
中まで整頓されてたみたいな…。

仕事やる気そがれるね。

いや、これでも、
フォルダに色をつけて、
並び順を「ラベル」にすれば、
ま、ちょっとだけ元に戻す時間が短縮される、ちゅうのはわかったが。

同じ悩みを抱えた人はいるらしく、
「並び替えない」「整頓しない」等で検索したら、
整頓を阻止するフリーソフトがいくつか出てきたが、
インストールした後の動作保証はないらしいから、
入れるのは、ちょっとためらわれる。

誰か何とかしてくれ〜
ストレスで死にそうだよ〜。
(先日のNHK「キラーストレス」より。
…この番組自体は、これまでの常識を覆すようなことはなくて、
あまり面白くなかったス。…)

16.6.22. ネジバナ。

この時期、そこらの道端で綺麗に咲いてるのがネジバナ。
雑草だけど、ラン科の植物らしい。
どうりで美しい。

写真を撮るのがむずかしい。
何度やっても、ピントが合わない。
小さな花が並んでるからね。

少しばかりピントが合った写真がこれ。
でも、これでは、
ねじれの具合がわかんない…。

そう言えば、井上陽水さんの歌に、
「娘がねじれる時」ってのがあったね♪
最近あまり聴いてないけど。

IMG_4183

16.6.21. とあるオルガンコンサート。

今朝は大雨のつもりで出てきたが、
お昼時は小降りになったので、
とある知らないところの、オルガン無料コンサートに行った。

何故か知らないが、
オルガンは、無料コンサートが多い。

「ランチタイム・コンサート」と銘打って、
有名どころでは、サントリーホールや、
私の好きな初台オペラシティのコンサートホールや、
まだ行ってはいないけど、築地本願寺のオルガンコンサート…。
池袋芸術劇場も昔は無料だったね(今は500円徴収してる)。

オルガンという楽器がめちゃくちゃデカイ割に、
楽器としてはマイナーなイメージがあるからだろうか?
チケットを買ってまで聴きに行く人が少ない?
それとも日本には演奏できる人が少ないから?
理由はどうあれ、無料コンサートは大変ウレシイ。

サントリーホールで前に聴いた時には、
パイプオルガン本体と演奏するオルガンが切り離されていた。
このスタイルは好きではない。
やはり巨大なそそり立つ岩のようなパイプに向かって、
客に「背を向けて」弾くのがよろしい。

今日の演奏は、小さな所で、
どうやら、後方の中2階部分で弾いてるみたいだったので、
演奏している姿は見えなかった。
弾いてる人もプロではないような感じ…。
時々ミスタッチが……。
でも、ポピュラーアレンジの曲とかでなくて、
ブクステフーデの曲だったので、
その点は良かったね♪

16.6.20. ユカイな間違い。

世の中に間違いは数あれど…。
この間違いには、プッと吹き出した。

ネットのニュースを見ていたら、
「駅の電光表示板に誤表示」
ということで、写真が載っていた。

「普通  15:06  郡山  のりば2」
の下に、
「喜多方ラーメン 15:25  郡山 のりば1」

イイね。こういうの。
多分、やった本人まじめに操作してたんだろうけど。
こんな表示になっちゃった…??

乗ってみたいな、喜多方ラーメン♪

16.6.17. 今日の“近所の空”。

梅雨だというのに、
なんという良い天気。
こんな日は御苑に、と思うのだが。。。

今日は「忙しい」の上に
“超”が3つつくくらい忙しい。
シゴトがあるのは有難い、ありがたい。

だから、
近所の“紫陽花”と、近所の“アイスコーヒー”と
近所の“空”でガマンする。

100円コーヒーも
ココらへんの空も、
なかなかのものである。

IMG_4188IMG_4197IMG_4204

16.6.16. 今年のトレンド。

雨模様の御苑。
誰もいない。
地面のあちこちに、はえていたのはキノコの仲間。

去年はこの種は見かけなかったなぁ…。
今年の流行かな?
去年は「焼きたてパン」みたいなのが多かった。

かたばみの花もたくさん咲いてました。
うわばみ、じゃないよ。
(…それは、誰かさんのこと)

IMG_4174IMG_4159IMG_4146

16.6.15. やっと決めた?

ここんとこず〜っとウダウダ言っていたマスゾエさんが、
やっとこさ、辞める決意をした模様だ。

高給をもらってるのに、
自分のサイフからは金を出さないという、
このケチさに都民は呆れたんだろう。

喫緊の課題である保育園とかを差し置いて
美術館にばっかり“視察”に行く「公私混同」とかもね。
(いや、こういうのは、法律的にアウトではないのだが…)

にしても、なんでそんなにリオに行きたがる?
まさか、この期に及んで自分のサイフからは
金を出さなくていいからってことでもないだろうが。

いわゆる“トップ”に立ちたがる人の気持ちが
きなこにはどうしても理解不能だ。
わからん、分からん、ワカラン…。
“トップ”に立ったところで、偉くも何ともないのになぁ。

昨日行った明治神宮で、
参道の落ち葉を長〜い竹ボウキで
砂利はそのままで、表面の葉っぱのみを
きれ〜いに中央に一列にかき集めていた作業員さんの技に見とれて、
エライ!!とは思ったが。

人にエライ!と思わせるのはそういうことだよ。

マスゾエくんは、あまりにもちっこすぎて、ケチをつけやすい。
きっと、何かを、えらく勘違いしてる人だから、
はたから見ていて“滑稽”なんだろね。

可哀想に…。どこで「勘違い」の道に入ってしまったんだろね。
長い人生、この後いくらでもやり直せるんだから、
決して早まらないで、真摯に生き直してちょうだい。

ここんとこ、都知事が実質いない状態でも日々平穏だったから、
いっそ、都の最高責任者は、「なし」でもいいんでないかい?
…とさえ思う今日このごろでゴザイマシタ。

マスゾエくんの話題は今日でオシマイッ!