今日、久々に東京駅付近に行った。
ここから八重洲ブックセンターに行くなら、丸ノ内線が便利である。
…と思ったのだが、これがまた、難しかった〜。

丸ノ内線東京駅で降りて、
八重洲側に行くにはどうしたらいいか?

いや、この地下道、何度も通ったことはあるんだよね。
でも、念のため、あそこに立ってる警察官に聞いてみよう。

たまたま、今は伊勢志摩サミットの
厳戒態勢ということで、角々に警官が立ってるし…。

男女2人組の警察官は親切に、あの地図で説明しましょう、と
2人で地図のところまで行って、2人で地図を指し示し、
2人で、「こう行って、ああ行って…」と交互に説明してくれた。
(必ず2人組で行動すること、って決まってるのかな?)

「どうもありがとうございました」と
礼を言って、教えられた通りに歩いた。…つもりだったが、
何かヘン。
きっと途中でトイレに寄ったり、
職業柄、綺麗なパンフレットを手にしたり、
お店のおいしそうなメニューをのぞいたりしてるうちに、
方向感覚が狂っちゃったんだね。

あ、イカン!と思って窒息しかけた金魚のように、
地上に、息をしに出たら、
なんかちょっと予想外な場所だった。

ここはどこだ? と高いビルを見上げて、
まるで“お上りさん”状態である。
丸の内側から、八重洲側へ出るのに30分も歩いてしまったよ…
トホホ。