昨夜、ニュース番組にマスゾエさんが出ていた。
かつては「朝まで生テレビ」などで、
舌鋒鋭く、あのギョロ目で相手を睨みつけて
政治家たちにかみついて、まくしたてていたものだ。

私はあまり好きではないが、
しかし、あれがまさしく“舛添さん”であった。
あの“舛添さん”に期待して
都知事として活躍してほしいと思った人も多かったはず。

ところがどうした?
昨夜のマスゾエさんを見て、
あれ、この人どうなっちゃったの?
と思った人も多いだろう。

以前のように、「信念」を持ってやっている事なら
あんな媚びへつらうようにへらへらした
キモチの悪い薄ら笑いは浮かべないダロ。
批判は真摯に受け止めたい…なんちゃってもね。

いくら都知事の仕事で海外に行くと言っても、
1泊何十万もするホテルに泊まって平気な時点で、
もうすでに感覚がおかしいよ。
アンタ、何千万も使ってそんなに何度も観光旅行に行ってたの?

「都知事」という、権力の頂点に立ったと勘違いした人の感覚だ。
あなたが使ってる旅費滞在費は、都民の税金だぜ!
都知事って、そんなにおエラいんか?
単なる一人の都民代表だろっ!!

しかも言ってることが、
「“事務方”がやったことなので…」
「“事務方”にまかせていたことなので…」
まさに、デジャブー。

これって、政治家が問題を起こした時に必ず言う、
「“秘書”がやったことなので…」
「“秘書”にまかせていたことなので…」
と全くおんなじじゃん。

マスゾエさん、
すっかり感覚が鈍ってしまったんだね。
自分が“特別な人”になったと思ったんだね。
あ〜あ、おエラくなっちゃった人はヤだヤだ。。。

早く目を覚まして、都民のために働いてよね!