昨夜の熊本の地震。
被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

震度は『7』だったそうだ。
きなこも幼少時、熊本の近くにいたので、他人ごととは思えない。

今回、熊本城の石垣が一部崩壊したのを見ても、
地震の凄さがうかがえる。
日本で一番、力強くて美しいと思う熊本城の、
屋根瓦もボロボロ落ちて無残な姿になっている…。

(そう言えば、50年以上昔のコドモの頃、
熊本城で博覧会があった時に親に連れられて行ったことがある。
わ〜っ!石垣スゲエ。ここ、忍者が登れるのかな、と見上げたのを、今、思い出した。
で、その時、機械か何かのチラシをいっぱい貰ってうれしかった…♪
それが、今の仕事につながってる、の、か、な。)
ヨコミチソレタ。。。

日本で今までに『震度7』というのは、気象庁の観測開始以来、
「阪神・淡路」、「新潟県中越地震」、「東日本大震災」の3回しかないそうだから、
(紀元前までさかのぼれば、何回か起ってるだろうけど)
今回で4回目。相当に大きな揺れだったわけだ。
マグニチュードは6.5、震源の深さは11キロ。

東日本大震災の時も、一番揺れた所で『震度7』だった。
しかし、この時は、マグニチュードは9.0。

マグニチュードが1大きくなると、
エネルギーは約32倍になるそうだ。
マグニチュードが2大きくなると、エネルギーは32×32で
約1,000倍になる。
(参考:気象庁HP←ココ見てると面白いです。
今は忙しいからゆっくり見てるヒマないけど、そのうちじっくり覗いてみよう!)

今回は、東日本の時と比べると、地震のエネルギーは1,000分の1と小さいが、
震源が直下で浅かったので非常に大きな揺れになった、ということらしい。

直下型はそのうち東京でも起こると言われている。
東京オリンピックなんか、やってる場合じゃないよね。
その金を震災対策に当てといた方がいいと思うよ。マジで。