今、学歴詐称でテレビの解説を降ろされた人がいる。
う〜ん、これも、なんだかなあ…。
数回見たことがあったけど、解説はわかりやすいし、言葉も聞き取りやすかったし。
いいんじゃないの、とは思う。

この人、最初っから学歴を書かなきゃよかったんだよ。
「事実と違う」ことを書いたから、問題になっている。
今まで何を研究してきたのか、専門分野は何なのか…
だけを明らかにしておけばよかったんだよね。
そうすれば、少しずつ実績が積み重なって、信頼が築き上げられたんだよね。

もちろんウソはいけない。
公職選挙法で、選挙公報に虚偽の経歴を掲載した場合、公職選挙法違反になる。
入社試験で履歴書にウソの学歴を書いた場合は、
(入社後に給料を貰ってもそれは労働の対価だから給料を返す必要はないが)
発覚した時点で解雇となる可能性はあるらしい。

最近時々バレてニュースになっているようだが、
教職の資格がない人がウソをついて先生をしている、とかも絶対にいけない。

しかしそもそも、何故、入社時(履歴書に)学歴を書く必要があるのか、
また、何故に、企業では、中卒高卒大卒で給料体系が違うのか?
あんこきなことしてはギモンですね。
入社の際には何らかの試験なり面接なりがあるでしょうに。
そこで、採用する側が判断すればいいことで、
つまり採用する側が、目の前にいる人間が
賢いかバカかが判断できないくらいバカなので、
履歴書に学歴を記入させる、ってわけなのかな?

幸いなことに、あんこきなこは
ずっと頭を使う必要のない仕事(ゴメン!同業者!)に就いていたので、
どこの畑の出だかは、すっかり忘れてしもうたが、
これからの若者の為には、学歴偏重社会を変えていかなぁイカン。

もちろん、研究分野で世界一を目指す人達は
また話は別ですゾ!
しっかり、脳ミソとココロを磨いて、
(ココロも磨かないといけないことは、人類の歴史が証明しておる)
東大京大ハーバードスタンフォードマサチューセッツ工科大
ケンブリッジオックスフォードプリンストン…、
各分野における最高の大学・研究所を、
人類の幸福のために目指して下さい。

まあ、そうでない人はそうでなく…。