日本年金機構から封書が届いて、かなり経つ。
「付加保険料」の納付に関してだ。
問い合わせをしたいので、毎日、日課のように、朝・昼・夕に電話するが、
「この電話は大変混み合って…」
という音声が流れるだけで、一切繋がらない。
もう29回目だ。最初は数えてなかったから、もっといってるだろう。

その“大切なお知らせ”には、
“さかのぼって「付加保険料」を納付することができます”
と、書いてある。
封書の裏面には、このお知らせに関するお問合せは
国民年金保険料専用ダイヤル(0570-011-050)云々と
デカデカと書いてあるではないか!!

以前自営業で、国民年金納付をしていた時に、この「付加保険料」、
こちらがいくら払おうとしても、一切受付けてくれなかった分だ。

それは、支払期限が過ぎていたから。
その度に、“督促状”が来た。
本体分は、期限が過ぎても支払えるが、
この付加保険料の分は受け付けてもらえず、
わざわざ払い込んだ金額を、払い返してきていた。
ほんとに、何度も何度も何度も何度も…。

その度、必要事項を記入してポストに投函して、
払い戻しを受けなくてはならなかった。
こっちも面倒だが、向こうも面倒ダロに!
全くバカバカしい!!!

それを今さら払えだと!!!
ハガキに記入して投函するのは簡単だが、
文句の一つも言ってやりたいじゃないか!!

ホントに、国民年金に関しては、はらわたが煮えくり返るよ。
満期払い込んだとしても、貰えるのは、月に6万そこそこ。
生活保護の半分以下ではないか!!!
憲法で保証する「人間としての最低限の生活」基準の
生活保護の半分以下とは…。

国民年金、支払うのはエラく大変なんだよ!!
それを、毎月は無理でも、支払える月にまとめて支払っていたのに…。

まあ、何事においても、この国は大企業優先で、
中小零細企業や自営業主や弱者をゴミのように扱ってるね。

60歳過ぎて今さら腹もたてるまいと、
穏やかに日々過ごしていたのに、
またまた、日本年金機構のヤツ!!
寝た子を起しやがって!!!

電話ぐらい、つながるようにしろっ!!
普通の会社だったら、お客様に大変な連絡をした後には、
電話回線増やすとか、時間延長するとか、
お客様第一に考えるよ!!

それを日本年金機構“様”は、
「ま、電話受けてやるからね、繋がらないけど、
根気よく何度も電話をかけ続けてみんさい」ってか?

さてさて。
このはらわたの煮えくり返った熱で、茶でも沸かすか…。