毎年節分の日に、縁起のいい方向を向いて
巻きずしをむんずと掴んで丸かじりするらしい。
行儀悪っと思うが、なんせそういうことらしい。

あんこきなこは子供の頃から、
巻きずしが大、大、だ〜い好きであるが、
“恵方巻き”と名がつくと、食べる気がしなくなる。

誰がこんなこと考えついて売りだしたんダロ?
(商魂たくましい)大阪の方が起源らしい。
ローカル行事にとどめておいてほしかったな。

バレンタインとか、ハロウィンを流行らすのはまだいいよ。
だって、チョコとかお菓子だったら、その日に食べなくても
結構日持ちがする。

だけど、“恵方巻き”って名が付いたら、
その日に売って、その日に食べないとダメじゃないか。
現に売れ残りの大量の恵方巻きが廃棄されているらしい。

そんなにかじりたいなら、巻きずしじゃなくて、
たくあんかロールケーキにすればいいのに。

その習慣が好きか嫌いかは別として、
要は、売れないもの作るなってこと!
今日はブログお休みの日だけど、
「恵方巻き大量廃棄」という記事を見て、
悲しくなって書いちゃったヨ。

来年、売場で言ってやろうかな。
「その恵方巻き、切って下さい!!!」

大阪以外で恵方巻きが浸透しなければ、
廃棄するほど大量に恵方巻きが作られることも無くなるよね。

…………
このところ廃棄ビーフカツに端を発して
次々と出てきた廃棄食品横流し問題。
廃棄しない工夫をもっと徹底したらどうか。
恵方巻きしかり。