SMAP解散に関して18日にテレビで生謝罪というのがあった。
もちろん、録画して見ましたよ。一応、ファンだから。
で、あれは一体誰に向けて、何の謝罪だっかんかね?
5人のうち4人が事務所を出ることを表明したから?
でも、事務所を出るのもグループを解散するのも本人たちの自由じゃないの?
(一生事務所を出ません、解散はしません、という契約書でも交わしていたのかな?
それはそれで、契約自体が問題だろうけど…門外漢なのでわかりません。)

皆、硬い表情で、何か読まされている感じで…。
何コレ?と思った。

世の会社なら、No.2がNo.1と対立し、
反旗を翻して、部下を連れて会社を出るというのは、
よくあるハナシではないの??
No.2の方が、No.1より仕事ができて話のスジが通って、
人望が厚いような時。(今回がそうだとは言いませんが。ムニャムニャ。)

で、反旗を翻された方が、
「あんなヤツと一緒に事務所を出ようなんてとんでもない」…という、
一種の「見せしめ」として4人に謝罪させたのか?

今回彼らが、「申し訳ありませんでした」と頭を下げるのを見て、
何かとんでもなく悪いことをしたのかな?…
一体誰に謝っているんだろう…と思ってしまった。

ん〜、よくワカラン。
ただひとつ分かったことは、今まで天上の人たちと思っていたのが、
実は一介の労働者と立場は同じだった、ということ。
もちろん収入は、我々とはいくつも桁が違うだろうけど。

急に天から、神サマ4人がドサドサッと落ちてきて、
“お〜イテテ!” と言ってる感じ。
何だか前より身近に感じてきましたね。

普通は1×5=5となるところが、
彼らは1×5が50にも100にもなっていた。
歌を歌う時、各人の本当に微妙な音のズレが、
5人集まると、素晴らしく心地よいハーモニーとなっていた。

いいんじゃない?
一生一度の人生。やりたい事をやれば。荒海に出て行けば。
だって、あの ビートルズだって解散したんだから。