今日も御苑へ。
黄色や茶色、赤色、緑色の秋色の葉っぱが美しい。
池のほとりには、水仙が咲き始めた。
バラ展の薔薇も、まだまだ綺麗。
十月桜もかわいい花を咲かせている。

菊花展は、明後日で終了にはもったいないほど、
“きちんと”咲いている。

特に見事なのが、「大作り花壇」。
黄菊の「裾野の輝(花数610輪)」が2鉢。
白菊の「裾野の月(花数565輪)」が1鉢。
いずれも、根本は1本。
そこから枝分かれした数百の花がいっせいに咲いてるのは壮観だ。
球形に等間隔に整列させるのは、至難の技だと思う。
菊花展の2週間の間、きれ〜いに咲いていた。

見に来るお客さんは皆一様に、下から覗き見て、
「わ〜、スゴイ! これ、1本から咲いてんのよ〜!」。
さすがに花の数を数えてる人はいなかったけど。

菊はどちらかと言うと「葬式の花」「仏壇の花」のイメージが強い。
薔薇は、逆に「結婚式の花」。
…ニンゲン様に勝手に決められて、
菊も薔薇もメイワクしてるだろうか…。

私がもし葬式をするとしたら、
薔薇の方がいいかなぁ…。
トゲトゲが似合ってると言われそうだネ。
いや、やっぱ、タンポポの方がいいや。
いや、ツユクサがいい!
オオイヌノフグリがいいかな。。。

でも、葬式はしない!

IMG_1241IMG_1262IMG_1282IMG_1297IMG_1310