昨日の夜、いつものように、
1時間に2本しかないバスの発車時刻まで、時間つぶしに
ヨーカドーで買い物するフリしてブラブラしていた。

その時、ふと、「今夜はオリオン座流星群が見られるかもしれない」
というニュースが、流星のごとく頭をよぎったので、
急遽予定を変更し、帰りのバスに乗らず、家まで歩いた。

が〜〜っ、残念!
流れ星はひとつも現れなかった。
まあ、1時間に、たしか3つ4つしか現れないものが、
家まで歩く17分の間に現れるという確率は、
高いような高くないような、微妙な線だ。
しかも、それが目に入る確率となると、さらに下がる。
その上、昨夜は空の半分くらいが薄い雲に覆われていたので、
マコトに残念でありました。

もし見えたら、その瞬間に流れ星に何を願うか?

う〜〜ん、ほんの1秒位のことだからね。
その間に口にできる単語数等諸々の問題を勘案しつつ、
昨今の現実的かつ重要な課題を見据えて…、
………
………
………、

「かねっ! (金)」。

………
When You Wish Upon a Star.