政治資金規正法違反事件で、
衆議院議員のOさんが依頼した『第三者委員会』が調査報告をした、と
昨日のニュースで言っていた。

???

ちょっと待て!
『第三者委員会』とは、“当事者とは関係の無い第三者”による委員会ではないのか?
問題の渦中の人物が“依頼”した、『第三者委員会』って一体何なのよ? と思う。

こういう『第三者委員会』は、実質、“私的委員会”ではないのか。

他にも、えっ? それって言葉の使い方が間違ってる。真逆じゃん?
という言葉は数多ある。

例えば、かつて世間を騒がせた「人権派弁護士」。
光市母子殺人事件で、
殺された被害者をこれでもかというほど冒涜し、遺族感情を逆なでしていた、
とても人間の考えつく弁護とは思えないような作り話を、
平気で得意顔で展開していた“人権派弁護士”とその仲間たちがいたね。
彼らのどこに“人権”感覚があるの?
まったくもって“人権冒涜弁護士”ではないの!

……………

他にも、いかにも良いことをやっていそうなイメージが先行して、
〈眉唾〉が必要な言葉。

『NPO法人』…大震災後、巨額の援助を自分たちが遊び呆ける為に使ってた団体があったよね。
本来、非営利で社会貢献をする団体のはずが…。NPOを笠に着て!
儲けるんだったら、営利法人でやれ!

『◯◯映画製作委員会』…「委員会」というのがイヤだなあ。

『市民団体』…いかにもいい事をしてマス、みたいな顔が。
(あ、もちろん、憲法を守ろう…みたいにいい活動してる団体も多いですけど)。

『PTA』…ナンだろ? このイヤ〜な感じは。。。

う〜ん、う〜ん、う〜ん。。。
つまりワタクシ、へそが曲がっておるのかも。