昨日は、京王線で朝と夕方、人身事故だった。

最近は「人身事故」というだけで、事故の詳細は知らされない事が多い。
接触事故ならいいが、どうやらどちらも死亡事故のようだ。
飛込み自殺…か?

仕事の約束がある人、これから飛行機に乗って海外へ行こうとしている人、
にとっては、電車が止まるなんてとんでもない出来事だが、
死んだ人のことを思えば、多少電車が遅れようと、黙るしかない。

飛込み自殺…。死ぬ事を思えば何でもできるではないか、と、
世間では良く言われるが、果たしてそうだろうか。
病気が辛くて我慢ができない、病院に行くお金がない、
お金がなくておにぎりの1個も食べられない、
いじめがつらくて、学校に行けない、
…そんな人が今の日本には、たくさんいる。

「一億総活躍社会」などと言い出したおめでたい首相がいるが、
“活躍”の前に、食べていける、生きていける、というのが大前提ではないのか?
そこんとこに目をつむって、“活躍”なんてありえない!!!

ますます【格差】、【不平等】が広がるこの国。。。
「一億総ナントカ…」なんて言い出すこと自体、時代錯誤も甚だしい!!!
あ?

あ、そうでしたね。
電車が止まったことでしたね。
京王相模原線橋本から調布を通って京王線新宿まで、途中の駅は27個。
その中で、他社線に乗り換えできるのは、たった5駅。
幸いなことに、昨日の朝は、その中の一つの駅に差し掛かっていたので、超ラッキーでした。

事故が起きるとたいてい「振替輸送をご利用下さい」とアナウンスされるが、
それ言われてもなあ…という駅が、22個もある。
例えば「調布」や「千歳烏山」。ここで電車が止まったら、
JR線や小田急線ははるか彼方。
どんだけ歩かされるのよ、という感じですねぇ。

京王線をご利用の皆さま、普段から足を鍛えておきましょう。