今日から京王線のダイヤが“改正”された。

特急は、今までは「多摩センター・永山・稲田堤・調布・明大前」と停車して
37分ほどで新宿に着いていた。
いったん、ドア近くの場所を確保したら、新宿まではラクに立って来られた。

今朝からは、特急が「準特急」という名に変わり、
「多摩センター・永山・稲田堤・調布・千歳烏山・明大前・笹塚」と
2コも停車駅が増えた!!!
乗った時は余裕だったのに、烏山を過ぎたらぎゅう詰めだ!
これまで、朝の特急でぎゅう詰めという事はなかったのに…。
相模原線沿線に住む者にとっては、今回のダイヤ改正は、まさに「改悪」。
(あ、別に、千歳烏山と笹塚にお住まいの方々に、何の恨みもゴザイマセン、念のため。)

ここ最近、さんざん車内放送で、「ダイヤ改正で便利になります」と
ウルサイ放送を繰り返されたが、フタをあけてみたら、この有り様。
どこがいったい「便利」になったというのだろう。っっったく!!

いつも、京王線本線で事故があって運行が乱れた時は、
真っ先に、相模原線の特急が間引きされる。
それを我々“相模原線沿線人”はひたすらガマンしてきたのに、
さらにこの改悪とは、何事じゃ〜〜。

と怒っても、小田急線に乗り換えるのも、料金かさむし。。。
交通費ほぼ自腹のワタクシには、つらいよぉ。

…と、「誰も読んでないブログ」でグチってみました。