この間の日曜日、団地の掃除でした。
私の住む棟では、掃除にはあまり人が出てこないが、
ワタクシ、“団地の掃除”はきらいではないので、出ます!
もともと1階に住んでいるので、普段からやるハメになっているし、
どうせなら、セッセとコマメに参加して、団地内情報をゲットする。
ついでに自分ちの前の木は、枝ぶりを誰にも悟られないように芸術的に仕上げる。
春はきれいな草は“残して”草むしり、
秋もまたきれいな枯れ葉を集めながら落ち葉掃き…と、
我流の掃除は結構楽しいものでゴザイマス。

前置きが長くなりましたねぇ♪
3ヶ月ぶりのブログです。
久しぶりに訪れた誰かさん家、みたいな…。
ごめんくださ〜い!入ってもいいですか? って感じかな。
どうせ誰も読んでないから、勝手に入っちゃえ。

で、掃除の話の続きです。
駐輪場の自転車を「よっこらしょ!!」と持ち上げた途端、ギクッときました。
来ましたね。これが噂のギックリ腰か…。

「やばい。腰に来たんでもうやめよ…」と、そろそろと撤退、
その日、友だちのグループ展の案内が来てたので、
まあ大丈夫だろうと、電車を乗り継いでM市へ。
ついでに友だちを呼び出し、飲みました。
店に入ると全ての席が、ベンチをまたいで座る造りだったので、
「すみません、ぎっくり腰なので、水平移動で座れる場所はないですか?」
と言うと、店長さんが「ないけど、これに座るとラクですよ」と、座椅子を持ってきてくれました。
それが用意してあるということは、つまり、じいさんばあさんがよく来る店なのね。
よっこらしょ、と一回またげば、あとは、飲むだけ♪なのだ。
がんばって「よっこらしょ!」

で、その日は楽しく過ごし、……問題は翌日からでした。
トイレに入ると立ち上がる時に、ビビッ!
家から歩くのも大変なので、バスに乗って座る。と、立ち上がる時に、ビビッ!
電車で座ったらまた、立ち上がる時に、ビビッ!
喫茶店にも入れず、そのまままっすぐ仕事場へ。
で、椅子を一番高くし、「西部劇のカウンターの椅子」みたいな(表現古っ!)、
ほぼ立ち状態で仕事をいつものようにこなし、…1週間がなんとか過ぎました。

ああ、これでついにワタクシも高齢者になっちまったか。
(「腰が痛い=高齢者」のイメージ有り)。
越えてはならない一線をついに越えてしまったのでゴザイマシタ…。