ある本をどうしても読みたくて、書店を3軒回ったが、在庫切れで買えなかった。
そこで、出版社が近いので、前もって電話してから、直接買いに行った。
入口で内線電話で用件を話したら、
ドアの外でかなり待たされた後、社員(?)が本を持って出てきた。

1,000円を渡してお釣りをもらい、
「レシートを下さい」と言ったら、
「うちではそのような書類の用意はありません」のひと言。
「ありがとうございました」の言葉もなく、それっきりでした…。

普通、どこの店でも会社でも、お客様からお金を頂いたら、領収書を渡すものだ。
たった一人で細々と商いをしているお店でも、
「レシートを下さい」と言ったら、100円でも書いてくれる。

それなのに、資本金数億円、社員数十人、次々とベストセラーを出している
この出版社は、何???
客がわざわざ足を運んで買いにきたというのに、
レシートの1枚も「出せません」とはどういうことだ!!!

…いや〜な気分で、スゴスゴと帰ってきたので、
まだ、その本を開く気になれない。。。

◯◯舎!、何様のつもり??  呆れるね。