朝早く、とはいかないが、まあまあの朝、出社する。
まずパソコンの電源を入れる。
「さあ、仕事仕事。今日は忙しいぞ!」と、張り切るが、
立ち上がった画面を見て、愕然とする。

デスクトップのフォルダが、キチンと右端から並んでいるのだ。
この現象、時々起こる。「うわぁ〜、またやられた!!!」

ワタクシはいつも、仕事をしやすいようにフォルダを並べている。
現在進行中のものは、ど真ん中より若干5センチほど左下。
A社の仕事は下から積み上げ、B社のはその横。
デジカメで撮りためた写真は左上に並べる。
あの仕事はアッチ、この仕事はコッチ…
修正が入る予定のものは、若干5mmほど横にずらしておく。
…という風に、実に、ジツに、ジ、ツ〜に、わかりやすく並べておくのだ。

(人が見ると、ゴミ箱の中身をぶちまけたような様相を呈している…らしい。)

決して名前順とか日付順とかではなく、仕事をしやすいように並べている。
だから、普通に立ち上がってくれれば、ものの0.5秒で目的のファイルを開くことができる。
なのに、なのに、こんなに整然と勝手に並べ替えられたら、
仕事にならんじゃないかぁ!
なんでこうなる…。
なんとか、こうならないように、設定を探してみたが、わからずじまい。

ワタクシはMacの愛用者。というか、Macしかワカラナイ。
一瞬でわかるのが、Mac君のいいところだ。
なのに、なのに、こんなに整然と並べ替えてしもて…。
これじゃまるで某K国の軍隊の行進じゃないかぁ!
(あ、失礼、はしたない。。。)

ウィンドウズみたいになっちまって…とブツブツ言いながら、
ファイルを自分仕様に、“雑然と” 並べ替えるのに、約5分。

ああ、疲れた。
仕事の意欲を再起動するのに、まずコーヒーをいれて…15分。
張り切っていたキモチはどこへやら〜〜♪