昨日は風が強かった〜。
満開の桜もだいぶ散ったことだろね。

多摩地方もかなりの強風だったことは、家に帰ってすぐわかった。
屋根の下、雨でも濡れるはずのない、団地の共用部分がべちょべちょに濡れているのだ。
あやうく滑って転んで腰を打って、昨晩から寝たきりになるところでした。

ウチは、変わった間取りのコーエイ住宅で、“うなぎの寝床”的に長い。
普通は、広さが何平米とか言うけど、はいっ! ウチは長さでいきますっ!
以前計ったら長さが14mあった。幅は4〜5m。
で、お隣さんはほぼ真四角。ヒラメの寝床である。

この2つのタイプが、
「ウナギ、ヒラメ、ウナギ」、「ウナギ、ヒラメ、ウナギ」、「ウナギ、ヒラメ、ウナギ」…と並ぶ。
で、ヒラメの頭にあたる部分に、共用部分のポストとか階段がある。

コーエイ住宅は、普通は同じような箱型がずらっと並ぶが、
それに比べると、非常に変わった造りでゴザイマス。
入居以前にも、それ以後にも、同じ間取りの物件は見たことがないので、
設計した人は多分、「あ〜失敗した…二度と造らないぜ!」と思ったんだろね。
(ワタクシは、大変気に入ってるんですけどね。)

で、ウチは団地のほぼセンターに位置していて、風をモロに受ける。
桜の花びらがドアの前に散ってたり、晩秋の強風の翌日に落ち葉が吹き溜まっているのは、
情緒があってよろしい。
でも、風でドアの塗装がハゲて床にこびりつくのは、困ったもんだ。
特に昨日みたいな雨のあとに。
うす〜いので、ホーキでなかなか取れない。

ま、そのうち、目が悪くなったら、
このうす〜いヒラヒラの花びら風のハゲた塗装を見て、
年中花見のシアワセ気分で過ごせるのかも…。

花筏 よくよく見れば 塗装かな