Smoke Gets In Your Eyes. (煙が目にしみる)

有名なJazzのスタンダード。
プラターズとか、フランク・シナトラさんたちが歌ってましたね。
ワタクシがJazzを聞きはじめた40年前には、
すでにスタンダードとしてド〜ンと存在していたので、かなり古い曲だと思います。

恋に落ちている時は、恋の炎(煙)でまわりが見えない。(恋は盲目)
恋人が去った今…悲しくて泣いてるんじゃないよ。
炎が消えたその煙が目にしみてんだよ。
…という負け惜しみの、じゃなくて、失恋の歌らしいです。

でもホントは、“Your Eyes”でありますから、オレの失恋は、
まわりであーだ、こーだ、と言ってたアンタたちの目に
しみるダロ、ということですね。(この解釈、あまり信用しないで下さいヨ。)

翻って、ワタクシの場合。

一昨日のランチタイム。

おいしい居酒屋さんで、ランチメニューの鳥の唐揚げを頼みました。
一緒に入った社長は、イカのゴロ焼き。あ、おいしそうだね。
それじゃ、イタダキマス。

添えてあったレモンを唐揚げに、ピュッ…。

その途端、レモン汁が、左目を直撃。
ワッ!!!!!目に入った。
イテテテ!
しみるぅ!痛いっ!
あわててトイレに駆け込み、目を何度も洗い、やっと一息。
あ〜びっくりした。

いや~、レモンがこんなに強烈に染みるもんだとは知らなかった。
ほんと、レモンには「危険!」「取扱注意!」のシールが必要だね。

Lemon Gets In My Eye.

ああ、どこまでも、恋とは無縁のワタクシでゴザイマシタ。