ものを数える時は、いち、に、さん、……。
たくさんある時は、
にーしーろーやーとー、じゅうに、じゅうし、じゅうろく、じゅうはち、にじゅう、
にじゅに、にじゅし、にじゅろく、にじゅはち、さんじゅう、
わーわーわーわーよんじゅう、
わーわーわーわーごじゅう、
わーわーわーわーろくじゅう…
などと数える。
印刷物などは、ご、じゅう、じゅうご、…と5単位で数えるのが普通らしい。

こういうのは、他の国の人たちはどう数えるんだろう
…って思ったことはありませんか?
いつか、英語の得意な人に聞いてみようと思いつつ、早50年。
九九も世界中の人たちはどうやって覚えてるんだろ。
特に、インド人の算数は気になるよね。
もう今さら聞いても…。でも、葛西あたりに行くことがあったら聞いてみるかな。

それより、葛西のマグロが気になる今日この頃。あと2匹らしい…。